スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書日記】ダンスの力
ダンスの力
         夏まゆみ(学研パブリッシング)

☆8つ
 とても面白かった。裁判帰りに本屋さんで購入し、帰りの電車そして夜の読書タイムに一気に読みました。色々な人におすすめの1冊です。

 著者の夏まゆみさんは、ダンスプロディーサー。経歴はモーニング娘。、AKB48等多くのアイドルにダンスを指導し、他にも長野オリンピックやマッスルミュージカルなどの振り付けを指導するなど数多くの舞台をプロデュースしている方です。

 先日とある会合で、著者の夏さんとお話をさせていただくことがありました。テレビ、舞台等の華やかな世界で第一人者としてご活躍されている方にもかかわらず、とても気さくにお話してくださりました。
 その夏さんが本をお書きになったと聞き、裁判帰りに本屋に立ち寄り、購入しました。帰りの電車で、「これは面白い!」と感じ、夜の読書タイムに一気に読んでしまいました。久々に一日で本を読み切りました。

 この本は、副題に「モーニング娘。AKB48・・・愛する教え子たちの成長物語」とあり、モーニング娘。AKB48へのダンス指導などの様子が具体的に記載されています。

 この本の読み方は色々できると思います。
モーニング娘。やAKB48のファンは、彼女たちのダンス指導の際の様子が分かって面白いと思いますし、モーニング娘。やAKB48以外のファンでも、自分が好きなアイドルが生きている世界が分かって面白いと思います。
親や教育者(学校・塾・スポーツクラブ等々)の方々は、指導・しつけの方法や、しかり方、受け手(子供・大人問わず)との距離感、受けての伸ばし方について、参考になると思います。
実際にダンスを楽しんでいたり、ダンスの指導者・振付師をしているような方はそのまますべてが勉強になります。
アイドルや俳優を目指す方、実際にアイドルや俳優をやっている方、テレビ業界、舞台制作等に携わる方なども同様です。
どんな業種かはともかく仕事に邁進する人は、夏さんのプロとしての仕事の取り組み方、プロ意識に学ぶことが多いと思います。
オーディションでの様子なんかは就活生や、逆に採用担当の人事等の方も学ぶべきことが多いと思います。
また、本全体を夏さんの教え子たちへのやさしさ・愛情が貫かれています。

 私は、「夏さんのプロとしての仕事のやり方、プロ意識」に着目して、本を読んでいました。自分も、「夏さんのような意識を持ってプロとしての仕事をしなくてはいけない」との思いを強くしました。

グッと来た、もしくはハッとした文章をご紹介>
・プロの舞台は、「わたしはこんなにがんばったんだよ」という成果を見せる発表会の場ではなく、…
・自分は何のためにステージに立つのか、そのことがまったくわかっていない
・そこに上がれるのは『見せる側』の人、『夢を与える人』

>この辺りの記述はアイドルファンが楽しめるのはもちろん、何かにやらなくてはならないと思っている人(勉強、仕事など“何か”は問わず)にはグッと来ると思います。

・ほしいのはこれだ。大切なのは、うまく歌うことではない。プロにとっては、伝えること、送り届けること以上に大切なことはないのだ。 
>AKB48のチームBを指導する際の記述。ここの辺りはとても面白いです。
 また、この記述はとても大事で、研修の指導担当弁護士(大先輩)がよく伝えてくれた「獲得目標を常に意識しなさい。」ということに通じます。弁護士業務においても、訴訟を起こす意味、書面を書く意味、書面の中で一つの段落、一つの文章に全てに意味や目的を持たなければいけないということを再認識させていただきました。

 「プロとは何か」ということを、郷ひろみさんや真矢みきさんのエピソードを交えて語られており、そこもとても良いです。
 終章の「底力くんに、会いに行こう」もとっても良い。夏さんのやさしさ・信念が凝縮されています。
 各章の冒頭ページの写真も素晴らしいです。



テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。