スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書日記】おもしろくて、ありがたい
ドラッカーを読む!といっておきながら、今回もドラッカーではありません。

ドラッカーについては、弟の勤務先での配属がマーケティングに決まりまして、

私「ドラッカー読んだ方が良いよ」

弟「貸して!」

私「いつ?」

弟「今。」

という流れにより強制的に没収されました。

そんなこんなでドラッカーについては、しばらく後に書きます。


ということで、私が受験中にトイレで読んでいた本を紹介します。

それは、

おもしろくて、ありがたい
池波正太郎(PHP文庫)

☆6つ
古い男による、男のための本。一言一言が身にしみる。

著者の池波正太郎さんは、有名な歴史小説家。『鬼平犯科帳』や『剣客商売』などで知られています。美食家でもあるらしいです。
自分は池波さんの小説も、それが題材になっている本も読んだことがないです。この本も、親父の本棚(ってか本置き場)にあったからたまたま読んだもの。
この本は、池波さんが様々な小説などで残した言葉を集めたものです。
一つ一つの言葉が重みを持っている。

ただ、この本は、万人にはおすすめしません。
昔気質の男が、男のために書いたような本です。
フェミニスト(日本の有名なフェミニストには変な人しかいませんが)的な思考をお持ちの方はあまり読まない方が良いです(そういう人が読んでも“良い!!”と思うだろうこともたくさん書いてあると思ってはいます)。
特に、物事の表面しか捉えないフェミニスト的な人は。

私は、この本に“男とはどうあるべきか”“男の美学”を教えられた気がします。

グッと来た、もしくはハッとした文章をご紹介>
・男は何で自分をみがくか。基本は・・・「人間は死ぬ…」という、この簡明な事実をできるだけ若いころから意識することにある。

・死ぬつもりか、それはいけない。どうしても死にたいのなら、一年後(のち)にしてごらん。一年も経てば、すべてが変わってくる。人間にとって時のながれほど強い味方はないものだ。


・現実の進行は、すべての予想を裏切る。・・・予想なんて言うものは、当ったためしがない。
>ブラックスワンの著者はこの文章を読んだのだろうか・・・。「ブラックスワン」という本についてはいつか書きます(多分)

・ひどいスランプになったことがある。あまりに自信を失い、ひょろひょろと(長谷川伸)先生のところへうかがった・・・先生は、・・・左のようなウタをしめされた。
「観世音菩薩(かんのんぼさつ)が一体ほしいと思う五月雨ばかりの昨日今日」
何日も机の前にすわりつづけ、書けなくて書けなくて、ここに観音像の一つもあったらすがりつきたいほどだ、という作家としての苦悩をよんだものであった。
「ぼくだって、だれだって、みんなそうなんだよ、元気を出してくれたまえ。」
私は、勇気を得た。

>二人の世界ちょ~カッコいい!!

・大事の一瞬、雷光のごとく頭にひらめいたままを、たちまちにわが行動(うごき)へ移すことこそ、まことの男子じゃ。
>女性にとっても頭に置いておくと良い言葉だと思います。

・金で亡き人びとの供養をする寺方は、果して仏門に則っているのであろうか・・・

・男のくせに台所へ入るなどいやしいなんて、かえっていやしいんだよ。・・・そういう奴に限って、むろん例外はあるけれど、男として大したものじゃないことが多いんだよ。

・人間というやつ、・・・善事をおこないつつ、知らぬうちに悪事をやってのける。悪事をはたらきつつ、知らず識らず善事をたのしむ。これが人間だわさ。

・政治家としての原八郎五郎は大きらいだが、人間としての原は大好きだ。[これが人間の情というものだ。]

・作家のいう男とは、つねに女性をも包含した人間ということなのだ。




テーマ:紹介したい本
ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
あー、見ている本に限って良く取られますよね(笑)
少し過去にさかのぼりますが、

自分「今読んでいる 君たちはどう生きるか はかなり面白いぞ。」

弟「今すぐよこせ」

自分「拒否権行使」
→翌日学校から帰った後弟に取られていたり…

う~んホント今思い出しても腹立つ(笑)


今回は随分硬派な本ですね。
「男の美学」とは実にそそられる一言…
ロープライスで1円なのでとりあえず買ってみましょうかね…
2010/06/06(Sun) 23:10 | URL | GEKKO | 【編集
Re: タイトルなし
>GEKKOくん
 仲の良い兄弟だこと(笑)
 あの名著を取り合うなんて、美しいったらありゃしない☆

 たしかに今回は硬派な本ですね。ただ、「男だからといって台所に入らないってのはイカン」というようなことも言っており、ただの古臭い日本の男の文章ではありません。

 買っても損はしないかな。1円以上の価値は確実にある。ただ、送料が340円かかるから、そことのバランスを考えてね~
2010/06/07(Mon) 19:09 | URL | ぽん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。