スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高価な買い物2/2(バッグなど)
高価な買い物1/2(財布と時計)からの続きです。

③【番外編】書類かばん
 弟がつい先日遅い夏休みを取り、イギリスとスペインに行くというので買い物を頼みました。
 欲しかったのは、スーツでのちょっとしたお出掛け時に、少量の荷物を入れることができるバッグ。
 値段は、3・4万円というオーダーをしました。

 が、
 ヤツが買ってきたのは、7万円のバッグ。
 良い物ではある。それは間違いない。でも、弟よ、高すぎるのではないかね。
 法律知識を駆使して「委任の範囲を超えているため、支払うことはできない」という男気を感じられない言葉がノドまで出かかりましたが、頼み事を忘れずに選んでくれた弟に経緯を表し、支払うことにしました。
 ちなみに弟が買ってきてくれたのは、ルイ・ヴィトン ポッシュドキュマン(ダミエ 黒色) というブリーフケース。
 このようなものをルイ・ヴィトンが出しているなんて知らなかった。

 
 アマゾンでは同じものがなかった。上記は参考の長財布(ダミエ 黒色)です。これを大きくしたようなもの。
 同じものは下記写真か、LOUIS VUITTONの正規サイトをご参照ください。

*今後の野望
 良い物を持つと気持ちが明るくなります。また、これまで以上に物を大事に使おうという気持ちが持てています。周りからどう見えているかは分からないのですがね。

 今後は、スーツ、靴、仕事用カバンを前回の記事で掲げたコンセプトの内「質が高く、品が良いもの!」を重視し揃えていきたいと思っています。
 ただ、質が高くて品質が良いものは、往々にして高価なものが多いので、背伸びをせずにゆっくりと進めていきたいと思っています。

 s_20120930_235105.jpg
スポンサーサイト

高価な買い物1/2(財布と時計)
 私は、5・6年会ってなかった友人から「まだそのカラシ色のジャージ着てるの?(笑)」と言われるほど、オシャレを気にしないし、物欲もほとんどありません。(ほんとに欲しいものは丸善で見かけた地球儀くらい!)
 しかし、先輩法曹のうちの何人かから「依頼者様の中には弁護士の持ち物とかを見ている人もいるから、良いモノを身につけると良いんじゃない?気にしない人も多いけど。」と言われました。
 そこで一大決心をし、熟考に熟考を重ね、何点か購入しました。

 コンセプトは、
「質が高く、品が良く、みんなが知っているもの!」
(『みんなが知っている』というのはあまり品が良くないのですが、人の目を気にして買うことにしたのでやむ無し。でも柄からブランド名が分かりやすすぎるのは止めておきました。)

①財布
 財布については、種々の雑誌を検討し、日本の職人が作ったデザインが優れているものもかなり見ました。そして同僚や友人が持っている財布を見させてもらって、触らせてもらってイメージを膨らませ、さらに財布事情に詳しい友人に聞き込み。
 これらをしつつ、カルティエ、グッチ、エルメス、ボッテガ・ヴェネタ、ブルガリ、ダンヒル、バレンシアガ等のお店を周り、さらに検討を加えました。
 買いたい財布はかなりたくさんあったのですが、最終的な購入の決め手は、友人からの「ヴィトンの財布は長持ちするって聞くよ!」とのアドバイスでした。
 もともと物欲が少なめの私にとって「物持ちの良さ」は重要ポイント。
 見た目も使い勝手が良さそうな点も気に入り、ルイ・ヴィトンのタイガ(長財布 黒色)を購入しました。
 なお、ルイヴィトンの柄には、モノグラム、エピ、タイガといった種類があることを知ったのは、今回の検討をしてからです。いまだに柄についてよく分かっていませんが。。。
 


②時計
 時計はブランドを3つに絞りました。そのブランドは、ロレックス、オメガ、タグホイヤー。この3つは私でも知ってはいましたので。
 絞ったあとが大変。今、仕事用に身につけているのは弟が使わなくなったもの。時計は1回しか選んだことがなかったし(その時は良いものでかつ安いものが買えたと思ってます(ちなみにスウォッチのビジネス用にも使えるもの。))。
 今回も時計もかなり迷いました。時計番長と敬愛する同僚の先輩にかなりしつこく時計について教えてもらいました。「クロノグラフが○○」「オーバーホールってのがあってね...」「直径は43mmだと大きいけど、、、」「狙っている3つのブランドは、それぞれ・・・」などなど、そのご指導はスパルタを極めました。ただ、時計のことを何にも知らなかった私にとっては本当に勉強になりました。
 仕事終わりに、一緒に時計店にも同行していただきましたし。
 先輩のご指導を自分自身に叩き込むために「ビギナーに超オススメ!!はじめて選ぶ究極の機械式腕時計」という巻頭特集を組んでいた雑誌「腕時計王(vol.53)」という雑誌を買ってさらに研究しました。

 
 *参考にした雑誌
   「腕時計王 vol.53」ベストセラーズ

 さらに熟考を重ね、決めたのは、タグ・ホイヤー カレラ(CV2010.BA0794)
 
 Heuer Carrera CV2010.BA0794

 品もいいし、カッコいいなぁと。最後の決め手は、先輩からの「機能の違いは色々あるが、最後は自分が気に入るかだ!」との一言でした。
 高かった。これまでの人生で一番の高額買い物です。が、これから長く使うものだし、中途半端に選んで後悔したくなかったので、気合いを入れました。
(ちなみに私が買ったのは並行輸入品です。正規店より安いです。)

高価な買い物2/2(バッグなど)に続きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。