スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所事務官面接試験後記4
◆だいたいの本筋の流れはこれまで書いたような感じ。
 後は、雑多なもの。(下記の順番は前後している気がしますが、聞かれた内容にほぼ間違いはないはず)。
『』が面接官の方の発言、「」が私の発言。

①(私が運転免許を持っていたため)『交通違反歴はある?』
 「3年ほど前に駐車違反を。」
『事故というのは避けようのないものもあるけど、違反は気を付けて下さい。民間でも他の公務員でも同じだけど、裁判所職員は特に気を付けなければならないから。』

②『他に公務員試験は受けていますか』
 「いいえ、受けていません」
 『地方公務員や(なんちゃらやなんちゃら)も?』←なんて言ってたか覚えていません。。。
「はい、全く」
③『勤務地が希望以外になった場合はどうしますか?』
 「どこでも構いません」
④『民間を受けるなどの就職活動をしていますか』
 「いいえ、全く」
⑤『法科大学院卒業してから、3回新司法試験は受験したのかな?』(ほんとは1年ごとに受けたのか聞かれたが短縮)
「はい。」
 『今年は3回受け終わったということで、こちらを受けたのですか?』
「おっしゃる通りです」
 『昨年まで2回の択一試験はどうでしたか?』
 「2回とも合格できました」
 『今年は?』
 「幸運にも。」
 『論文の感触は?』
 「ん~。なんとも言えません。もうすでにミスをいくつも発見しましたし」
 『そうですか。もし両方受かったらどうしますか?』
 「万が一そのようなことになりましたら、司法修習に進ませて頂きます。」
⑥『健康状態のことで何か申告しなくてはならないことはありますか?』
「特にないです」

◆この辺りで、
 『もう聞くことはなくなってしまいました。』時計を見る。『ハキハキ答えてくれたので時間が余ってしまいました。何か言っておきたいことや仕事内容などで聞きたいことなどありますか?』
 (“ハキハキ答えてくれた”というのは良い意味だと受け取ることにしよう。)
「ん~。」しばらく考える。
「どんな部下が欲しいですか?」
『ん~そうですねぇ。組織だから色々な人がいて良いと考えています。もちろん、一緒に仕事をしていて楽しくて、仕事が正確だと良いと思いますが、本当にそれぞれ違って良いと考えています。一緒に楽しく仕事ができると良いけど、楽しくても仕事が全くできないとそれは問題だし(笑)』

『他には何かありますか?』
「ん~~。」また考える。
「法律知識はどの程度必要でしょうか?」
『仕事によりますね。あらゆる法律知識が必要と言うわけではありません。ただ、民事に配属されているのに民法が分からない。刑事に配属されているのに刑法が分からないでは困りますが。また、事務(←具体的になんて言われたかは忘れた)に配属されても、様々な契約を結ぶことがあるので、しかも最近は入札が多いので、その場合にも法律知識は必要になりますね』 

『他には何かありますか?』
「ん~~~。」さらに考える。
「万が一受からせて頂いたとして、何かやっておいた方が良いことってありますか?」
『普通のことですが、新聞読んだりして色々と社会での出来事について興味を持っていて欲しい。参議院選挙もあるしね。あとスポーツをやったり。働いてからは、今よりも長期の休暇というか自由な時間はなくなるので、旅行に行ったり、何かに打ち込んだりして欲しいかな。』

『他には何かありますか?』
「ん~~~~~~~。」ここに至ってはかなり考える。
「この部屋を出れば、聞いておけばよかったと思うようなことがあるかもしれませんが・・・」
『そういうことってあるよね(笑)』
「知的財産高等裁判所の職員はどのように選ばれるのでしょうか?希望を出すのですか?」
『詳しくは分からないけど、特に希望を出して取り合っているというような状況はないです』

『他には何かありますか?』
「もうありません。十分質問させて頂きました」

『それでは、終わります。お疲れ様でした』
「ありがとうございました」

*この辺りの面接官の方の質問の仕方や返答については、実際よりもかなり簡略化しています。本当に丁寧に質問や答えをして頂きました。

*最後に面接官の方の印象(勝手な妄想ですw)
中央の方―普段は厳しいところでは厳しそう。仕事を仕切っていそうな気がする。たとえ部下が失敗したとしても、厳しくも誠実に向き合ってくれそう。
向かって左の方―真面目で仕事も正確にこなしそう。優しさが端々に垣間見える。笑顔が苦手そうですが、実は良い笑顔の持ち主。
向かって右の方―楽しく仕事や普段の生活を送ってそう。好奇心旺盛そう。
スポンサーサイト

裁判所事務官面接試験後記3
【一問一答のようなもの】
以下については試験直後(4時間後くらい)に書きました。
実際のものと一言一句同じというわけにはいきませんが、大筋以下の通りでした。
基本的に『』が面接官の方の発言、「」が私の発言。

*開始前~具体的な質問が始まる前
まず案内してくれた方に
『呼び出しベルが鳴ります。向かいの部屋はベルが2回、こちらは1回鳴ります。ベルが1回鳴りましたら入って下さい。』

“チーン”

ここで聞きもらす。

向かいの部屋の待機している方が「今、鳴った気がします。。。」と教えてくれる。
「あ、気付きませんでした。ありがとうございます。」
ここで案内してくれた方がこのやり取りに気付く。
『ちょっと確認してきます』
彼女は中へ。そして外へ。
『入って下さい。』
やっぱり鳴っていたのね。

コンコン(ノック音)、「失礼致します」
ドアを開けて一礼。
荷物を入ってすぐ横にあった椅子に置く。
そして面接を行う中央の椅子へ移動。
その瞬間に
『どうぞおかけ下さい』
「失礼します」
『名前は○○さんですね』
「はい」
『生年月日を教えてくれますか?』
「昭和○○年○月○日です」
『はい。分かりました』
『見たところ緊張していないかもしれませんが、もし緊張していたら、なるべくリラックスして普段の力を発揮できるようにして下さい』
「緊張しています(笑)」

*こんな感じへ本論へ。
 面接の作法(ノック→「失礼します」みたいの)とかがあるの忘れてた。なんとかその場でやった感じ。
椅子に座る前に名前とか言うのかな~って思ったけど、試験官の方がすぐに座るように促してくれたので、そんなスキはなかったです。

まずは中央の方からの質問。
*『志望動機を教えて下さい?』
 記載した2点(重要性を持つ司法の場で働きたいこと、司法が円滑に運用されるための一助になりたいこと)をまず答える。
 それに加えて、記載しなかった「大学・大学院で法律を教えて頂いた教授、先輩、友人たちに対する恩返しの意味も含めて法律知識を活かせる職場で働きたいと考えていること」を答える。
 上記3点のために受験を決め、それに加えて願書取りに行った際に一緒にもらったパンフレットを見て、その中の人が楽しく、また、充実して働いている様子であったことも、動機を強くしたと答える。もっとも、「実際の現場では楽しいことばかりではないかもしれませんが、」とも付け加える。

*「司法が円滑に運用されるための一助になりたい」と答えられましたが、裁判所職員になったら、どんな仕事がしたいですか?
 まず、「どんな仕事があるかは分かっていません。」と正直に答える。
 その上で、法律事務所でのアルバイトでの経験を活かし、裁判所との期日請書のやりとりでの失敗談を含めて話す。
 「やりとりの中で「送付した書類が不備」という失敗をしました。それは裁判所の方の説明に従い、もう一度送ることで滞りなく受け付けて頂くことができました。弁護士事務所も失敗しないようにしていますが、それを最終的にチェックするのは裁判所の職員。そこでミスがないように、チェックを正確にしていきたいし、ミスがでにくいようなチェック体制を作っていきたい(リスクマネージメントに興味があることと絡めた気がする。詳しくは覚えてないが)。私に何ができるか分かりませんが、普段から興味があるリスクマネージメントを裁判所職員になった場合にも意識していきたい」
 というようなことを答える。

この辺りで、向かって左の方へ
*趣味で「野球」、特技で「盗塁を刺すこと」と書いていますが、キャッチャーだったのですか?
「ハイ」

*高校の部活でキャプテンなどやりましたか?
 「副キャプテンでした」

*自己PRのところで、「チームで目標に向かって取り組むことが…」と書いてありますが、具体的にはどのような目標を立てましたか?甲子園は目指しましたか?
 「春の選抜甲子園大会出場については目指しました。これは、強豪私立校が、一つ上の代が夏の大会で勝ち進むため秋の大会までの準備期間が短いことが多いことと、冬を越えると冬のトレーニングの成果のためか強豪校が一段と強くなるので。
夏の甲子園については、高校が神奈川県にあり、参加校が多いので、現実的にベスト8。自分たちが普通の県立高校出身でしたので。ただし、実際は3回戦で負けてしまいました」
と世間話風に。秋の大会で予選を突破した後で、骨折したことも言ったな。

*チームでその目標に向かって取り組むことに対して反対する人はいましたか?そのような時はどうしましたか?
 「幸運にも特に反対という人はいませんでした。ちょっとした意見の食い違いがある時は、まず相手が何を求めているか聞くように努めたように思います。ただ普段から、みなコミュニケーションをよく取っていましたので、特段不都合なことはなかったように思います。」
 多分高校野球部だった当時、そんな感じだった気がする。今度聞いてみよう。

*チームで目標達成するためにあなたはどのようなことをしましたか?
 「込み入った野球の話になってしまいますが・・・」とまず断る。
3人とも『どうぞ』という感じ。
 「私はキャッチャーでしたので、守備の際にはチームを仕切っていました。仕切りがきっちりできるようになるためにはまずは味方ピッチャー・野手の特徴をつかむということを心がけていました。また、私たちは強豪校ではなかったので、どうすればアウトを積み重ねられるかということを常に考えました。高校野球では、ノーアウト又はワンアウト2・3塁などの場面で前進守備をすると、2塁ランナーがとても大きくリードを取ります。そして、たいていは油断しています。なので、ピッチャーがわざとボール球を投げて、こっそり二塁手に2塁ベースに行ってもらい、私が2塁に送球し、アウトにするということをやりました。これは、とても簡単ですが、とても有効なアウトを重ねる手段となりました。こういうようなことは、チームメイトと常に考えていました」
 かなり具体的な野球談議(笑)

こういうようなことのやり取りをして、向かって右の方に。
*「印象深かったこれまでの体験」という項目でインドネシアでのことが書いてありますが、なぜインドネシアなのですか?
 「たまたまです」と答え、その経緯を話す。高校の同級生の中学時代の担任が、NGO代表で弁護士のインドネシア人とアジアの教育フォーラムで出会ったこと。同級生を通じて、インドネシア訪問を誘われたことなど。

*インドネシア訪問について迷いはなかったのですか?
 「なかったです。」とまず答える。そして、海外には興味があったこと、初めての海外ということ、インドネシアの主たる宗教がイスラム教ということもあり文化が全く違うだろうということで楽しそうだと感じたことなどを答える。

*そこでの苦労は?(これは左の人に聞かれた気もする・・・)
「特に苦労はなかったです。いつも楽しかったので」というようなことを答える。「強いて挙げるとすると、一人でインドネシアに行った時に、ガルーダインドネシア航空の飛行機が整備不良になり、予定時間が大幅に遅れるということがありました。そのため、ジャカルタの空港で迎えに来てくれる人と会えないということになりました。電話のかけ方が分からず、英語もインドネシア語もつたないので、自力で聞くことがなかなかできず困りました。そこで、日本語で客引きをするタクシー運転手に電話の仕方を尋ね、その人に電話をかけてもらうということがありました。それが苦労でしょうか。」

*教育支援をやる際の苦労は?なぜ教育支援なの?
 「苦労は特に感じたことはないです。ただ、私たちのNGOでは会員の方に募金を頂くのですが、その方々に『満足して頂くためにはどのようにすれば良いか』ということについては、かなり考えました。その結果、自分たちは教育支援に力を入れよう。これは会員の方にも分かりやすいかもしれないと考えました。また、スラムの子どもたちが教育をしっかり受けることで、情報収集、情報発信等ができるようになり、自分たちの力で自分たちの状況を打破できるようになるのではないか、これらのことを日本人の私たちが行うことで、スラム人々が日本に好意や興味を抱くようになるのではないかと思ったことから、教育支援を行うことにしました」
 だいたいこのような感じだったのですが、もっとグダグダと答えた気がする。

*具体的に教育支援ってなにやるの?
「インドネシアの小学校には制服がありますので、その費用の補助や、授業料・文房具費の補助です」

*「最近感銘を受けた事柄」について、アフリカのことを書いているけど、これは何がきっかけ?
 10年ほど前にゾマホンという方がテレビに出ていて、彼が学校建設や教育支援を行っているというのを知りました。それ以来、彼には興味があり、新司法試験が終わってからの時間を使って、やっと本を読むことができました。その本に感銘を受け、『実際に会って話が聞きたい!』と思い、インターネットで調べてそのイベントを発見し、すぐに申し込みました」

*自分でそういうイベントに参加することってこれまでもありましたか?
「これまではないです。特にこの3年間あまりは法律の勉強をしなければならなかったので、参加する余裕もありませんでした」

*「1対1で話した」ってあるけど、どうやってできたのですか?
「そのイベントは2部構成でして、2部の方で立食パーティーのようなものがありました。初めの15分くらいで主催者の自己紹介みたいなものが行われた後、隙があったので、一人で彼のもとへ行きました。そこで、彼の本を読んだこと、そこに紹介されていた本も読んだこと、ジャカルタの教育支援のNGOをやっていることなどについて話をしました。また、『後で続きを話しましょう』ということでイベント終了時にも話をして頂きました。」

*昔からそんなにグイグイ行く感じなの(笑)?
「昔、特に高校時代までは違ったような気がします。ですが、『発言すれば良かった』『自分の意見が全く見当違いのものか、それとも評価できる意見なのか確かめる機会をみすみす失うのは惜しい』などと考え、たとえ『空気を読めないヤツだ』と思われたり、『全然ダメ』と言われたりしたとしても、その機会を活かそうと思い、どんどん発言等するようになった気がします。

*じゃあ、今はどんどん行くのが地になっている感じですか(笑)?
「なっているかもしれません。良いか悪いか分かりませんが(笑)」

*「言語の力」ってあるけど、これは何ですか?
「これはゾマホンさんの祖国ベナンがフランスの植民地だったため、独立後も公用語がフランス語となりました。ベナンには各地域の言葉が数多くあったのですが、それらが採用されることはなかったのです。言語は、それぞれ文法や具体的な表現が違うこともあり、感情、思考を左右しうるそうです。ベナンの人々は自分たちに染みついた言葉ではないフランス語が公用語とされたことで、目に見えにくいですが、弊害が懸念されるそうです。インドネシアもオランダの植民地だったのですが、デビィ夫人の夫であるスカルノ元大統領が公用語をインドネシア語としたことで、国民がこれまでに染みついた感情や思考方法をあらゆる場面でも続けることができている。このようなことです。」
 文章にすると難しい・・・実際の面接では、試験官の方々に伝わっているかをうかがいながら話せたので、もっと流ちょうだった気がします(笑)口述試験でデビィ夫人を出したのは私だけかもしれませんね(笑)
ちなみに「それ面白いね!」と言って頂けました。

裁判所事務官面接試験後記2
面接カードについて

【口述試験のもととなる面接カードの項目】
*裁判所職員を志望した動機
*最終学歴の専攻学科を選んだ理由・卒論・ゼミナール又は演習のテーマ
*趣味・特技
*最近関心を持ったり、感銘を受けた事柄
*印象深かったこれまでの体験
*自己紹介(自己PR)

【私が書いたこと】
*裁判所職員を志望した動機
 裁判は、一般の人にとっては人生で一度あるかないかのものであり、企業などの団体にとってもその裁判の結果によって以後の活動が左右されうる。そのような重要性を持つ司法の場で働けることに魅力を感じたことが一つの動機です。そして、当事者、裁判官、弁護士、検察官などが十分に力を発揮するためには、裁判所職員が滞りなく仕事をこなすことが前提として必要である。自分も裁判所職員の一員として、司法が円滑に運用されるための一助になりたいと考えたことも動機となりました。

*最終学歴の専攻学科を選んだ理由・卒論・ゼミナール又は演習のテーマ
 法科大学院を志望した理由は、今後ますます複雑化する社会において、あらゆる場面で適切に対応できる能力を有した弁護士になりたいと考えたからです。
 大学のゼミでは会社法を専攻し、ゼミ論文では「企業のリスクマネージメント研究」について書きました。

*趣味・特技
・趣味
 野球、読書(ジャンルを絞らずバランス良く)、人の話を聞くこと
・特技
 盗塁を刺すこと

*最近関心を持ったり、感銘を受けた事柄
・関心を持った事柄
 インターネット社会の今後について(正当な批判、名誉棄損、プライバシー、ペーパーレス化、著作権)、また、インターネット企業の今後と独占禁止法の関係について関心を持ちました。
・感銘を受けた事柄
 先日、アフリカのベナン出身のゾマホンさんの本を読みました。そこに書かれていた、勉強に真摯に取り組む姿勢や、祖国での学校建設などの教育支援活動について、感銘を受けました。その後、インターネットでゾマホンさんが中心となっているNPOの感謝祭があることを知り、その場を訪れ、ゾマホンさんと1対1で話をすることができました。支援の現場での苦労や植民地支配と言語の力について話ができ、大変感動しましたし、勉強にもなりました。

*印象深かったこれまでの体験
 大学時代に、インドネシアのジャカルタで、弁護士を中心に構成される、スラムの人々の自立支援を行うNGOの活動に触れました。その活動に感化され、友人らと共にそのNGOを通じてスラムの自立支援(特に教育支援)を日本から支えるNGOを設立しました。これまでインドネシアへは5度行っています。この活動を通じて印象深いできごとは色々とあるのですが、あるスラムの子供(今は成人)が顔を覚えていてくれ、当時の事を楽しく話ができたことは、特に印象深かったです。(彼はシャイ。だけど、日本人に興味を持ってくれている様子だったこと。一緒にスラムの中を回ったり、小さい子供たちも交えてサッカーをしたこと)

*自己紹介(自己PR)
 小中高と野球部だったこともあってか、チームで目標に向かって取り組むことが好きです。この場合、まずは目標設定が不可欠となりますが、特に高校時代から大目的と小目的に分け、皆で考えてきました。そして、各目標の達成のためにはチーム全体での努力も必要ですが、個々の努力も必要だと考えています。裁判所職員の一員となれた際にも、自分自身の力を高める努力をしつつ、他の方々と協働していきたいと考えています。

◆ちなみに勤務希望地等調査票の勤務地の希望は、
①東京、②横浜、③さいたま
理由は、「自宅からの距離」とだけ。
他に理由ないし。どこでも良いし。『希望以外のどこでも良い』みたいなチェック欄にはチェック入れました。
実際の面接では、特に理由などつっこまれず。「勤務地は他でも良いですか?」みたいなことを聞かれ、「どこでも構いません」と答えるという軽いやり取りはありました。


【私の各記載の説明と書ききれなかったことなどの補足】
・各項目の記載欄の大きさは若干異なります。そして、面接カードにはマス目はないです。なので、字の大きさは自由です。どの程度書くかは、それぞれ違うんだと思います。自分の場合は、上に書いたことが書く欄に丁度埋まる程度の大きさの字で書きました。

・各項目に書いたことについては、中身を説明できるようにはしていました。
 説明や書かなかったことで答えたいことなどの準備もしました。
 その辺りを項目ごとに。
*裁判所職員を志望した動機
・大学・大学院で法律を教えて頂いた教授、先輩、友人たちに対する恩返しの意味も含めて法律知識を活かせる職場で働きたいということも動機
・それに加えて、願書取りに行った際に一緒にもらったパンフレットを読んで、その中の人が楽しく、また、充実して働いている様子であったことも、動機を強くした

*最終学歴の専攻学科を選んだ理由・卒論・ゼミナール又は演習のテーマ
「リスクマネージメント」については、企業だけでなくあらゆる場面でも応用できる。
事故に会わないようにするため、仕事でミスしにくくなるようにするため(昔読んだ稲盛和夫さんの「稲盛和夫の実学―経営と会計 」を参考に)

*趣味・特技
特技については、何も書くことがないと考えたので、あんなものに。
スベッたらスベッたでいいやと思ってました。もし冷やかに突っ込まれたら「何も書くことがなかったんで・・・」と言い訳をしようと考えていました。

趣味については、直前1月半で読んだ本と印象に残った文章をメモ。
これについてはブログをやっていたことが役に立ちました。
趣味については何も聞かれなかったけど。。。

*最近関心を持ったり、感銘を受けた事柄
 関心ごとの独禁法との関係については、「市場をどうとるか?」「規模・シェアが大きくても、利益を上げているとは限らず、合併なしにはつぶれる場合もありうる。」

*印象深かったこれまでの体験
 『他には?』と聞かれた場合に備えたメモ。
・現地NGO代表の家へ泊まり、地域の会合や夜のバドミントン大会、公園作りに参加したこと。
・バンドンのパジャジャラン国立大学日本語学科でネイティブの日本人として授業に参加したこと
・弁護士事務所のバイトでの期日請書のやり取り→事務所の書式を変えたこと

*自己紹介(自己PR)
『野球部での大目的と小目的とは?個人としては何をした?』という質問に備えてメモ
大目的―ベスト8
小目的―意思疎通、練習への取組み方、チーム全体での技術の向上、個々の力の向上
・キャッチャー―味方ピッチャー・野手の特徴をつかむ、配球や相手のバッターのくせ・得意球の研究、送球の安定性、キャッチングの向上、後ろへそらさない技術の向上、ランナーのスキをつく
・バッター―バント、進塁打、配球を読む

『裁判所職員では?』という質問に備えてメモ。
大目的―まだ分からない。当たってないかもしれないが、裁判が円滑に進むこと。
小目的―当事者や法曹三者、職員たちが充実して仕事ができるような職場作りや、意思疎通。
個々人がすべきこと―自分の仕事を着実に正確にこなす、そのための努力(勉強(知識+体験)を通して)

*面接カードの原稿作り(メモを含む)は、前日の夜中0時から3時間くらいかけて作りました。ここに書いたような内容は常日頃考えていることが中心なので、そのくらいで作れたのだと思います。普通に考えるともっと余裕を持って準備した方が良かったでしょう。
そして当日の朝に勤務希望地等調査票を一発本番で書き、面接カードはシャーペンで薄く下書きをしてからペンで清書しました。出発時間ギリギリまで書いていました。清書は前日までに終わらせると良いと思います。

裁判所事務官面接試験後記1
何人の方から裁判所事務官の面接についてのご質問を受けましたので、記事をあげます。

この記事は、去年(2010年)に面接試験を受けた直後に書いたものですが、アップせずに放置したままになっていました。
お役に立てれば幸いです。

なお、これは私の受けた面接についてのものですので、他の方も同じようなものとなるとは限りませんのでご了承ください。



先日受けた裁判所事務官試験の面接試験について書きます。
誰に頼まれたわけではありませんが、来年度(平成23年度)以降受けられる方は参考になればと思い、書かせて頂きます。長くなるので4回に分けます。
以前、受けた直後にも記事にしたのでそちらも参考になさって下さい(一部重複します)。
以前の記事

面接試験は、面接カードと勤務希望地等調査票をもとに行われます。
1 対 試験官3名です。
向かって中央の方→左の方→右の方の順にまずは進みます。
それが一通り終わると、中央の方を中心に質問等がなされました。

上述の面接カードと勤務地等調査票は、1次試験合格通知書と同時に送られてきます。
そして、事前に記入し、試験当日の受付の際に提出します。

私は、前日の夜3時過ぎまで原稿作りをして、当日に清書をしました。
当日、出発のギリギリまで清書してたんで、1日前には完成させておくと良いと思います。

受付を済ませると、待合室で待つことに。
同時間帯に面接を受ける人が10人くらいいたでしょうか(ちなみに私は東京で受験)。
集合時間から30分弱待ちます。
面接カードのコピーを取っている方はそれを見直したりしていました。
そして、何の順番かは分かりませんが、2・3人ずつ呼ばれて、試験室前へ移動します。
そこからは一人ずつ中へ。

続きは次の記事(私の面接カードの記載)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。