スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所事務官試験なるもの
昨日、平成22年度裁判所事務官採用試験というものを受けてきました。

試験内容は、

集合 8時半
択一:教養試験40問 9時10分~11時40分
 昼休み
択一:専門試験30問(憲法・民法+選択刑法) 13時~14時半
論文:教養、憲法 15時20分~17時20分


なめてたわけではありません。本気で解いてきました。

が、めちゃめちゃムズい!!

特に択一の教養科目。

最初の12問くらいサッパリ分からなかった。
13問目もなんとなく・・・って感じだから自信なし。それ以降も分からないのと、なんとなく・・・ってのの繰り返し。

ってか時間も全然足りないし。

我に教養なし。

択一の法律科目は1カ月前までの記憶の糸を身体中からかき集めてなんとかこなしました。1問間違えたってのは終了2分後に発見してしまいました。

論文でも教養があったのですが、こっちはおもしろかったです!

テーマは「組織内でのコミュニケーション」について。

面接試験であれば、相手がイラッと来るくらいまでしゃべれる気がする。

一方、論文憲法は「裁判の公開について論ぜよ」というもの。

自分の能力では書けることが少なかったんで、こっちはあっさり終了。

時間がとても余ったので、17時過ぎにサッサと提出して帰りました。

8時半に集合してから、夕方17時まで。
結構長かった・・・
やっぱり試験ってイヤなもんです・・・


【おまけ】
昨日私のブログ(経済法の記事)に“しこたま”拍手をしてくれた方がおられました。
その1拍手1拍手が私のやる気をガゼン高めてくれます。
どなたかは分かりませんが、ありがとうございました!!
少しでもその方の役に立てれば幸いです。

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」11
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」11
(不公正な取引方法2 共同の取引拒絶)


◆共同の取引拒絶。2条9項1号(供給)・課徴金20条の2、一般指定1項(受給)
要件は、①競争者と共同すること、②直接(2条9項1号イ)または間接(2条9項1号ロ)に取引の拒絶(または数量・内容制限)をすること、③公正競争阻害性(「正当な理由がないのに」)があることである。
ア 「共同して」とは、意思の連絡があることをいう。これによって、個別の行為(単独の取引拒絶)と区別できる。
  競争者には将来競争者となりうる事業者も含まれる。
イ 取引拒絶には、取引を停止するなど取引自体を拒絶する場合だけでなく、取引に係る商品又は役務の数量や内容に制限を加えることも含まれる。
  (例:継続的取引関係において、従来の商品等は供給を続けるが新製品については取引を拒むという場合)

「させる」(ロ・間接)とは、他の事業者が要求に応じて取引拒絶を実施している事実があればよく、明白な強要を必要としない。
ウ 共同の取引拒絶は形式要件(要件①②)に該当すると原則として公正競争阻害性が認められる(「正当な理由がないのに」)。なぜなら、拒絶される事業者は取引の機会を奪われ、市場から締め出されるおそれが強いのであり、他方、拒絶する事業者は、取引先選択の自由を相互に拘束しているからである。
 (しかし、きっちり事情を拾って公正競争阻害性があることを評価すること。)
  そして、「正当な理由」とは、反競争的な目的・効果がないことである。

*「共同して」
 「共同して」に該当するというためには、単に複数事業者間の行為の外形が一致しているという事実だけでなく、行為者相互に当該行為を共同でする意思、すなわち意思の連絡が必要である。そして、この場合の意思の連絡とは、複数事業者間で相互に同内容の取引拒絶を実施することを認識ないし予測し、これと歩調をそろえる意思があることを意味し、意思の連絡を認めるに当たっては、事業者相互で拘束し合うことを明示して合意することまでは必要ではなく、相互に他の事業者の取引拒絶を認識して、暗黙のうちにこれを認容することで足りる(百52・着うた事件)
・不当な取引制限の場合と同義。

*共同の取引拒絶は、基本的には不当な取引制限として規制される。競争制限効果が、競争の実質的制限に及ぶのか、公正競争阻害性にとどまるのかの違い。

飲み会
先日、とある弁護士先生から「明日ヒマ?飲みませんか?」とのメールが。

久々に会いたかったし、お世話になってた手前断ることなんてできないし(笑)、なんとか時間もあったのでお会いすることに。

その先生はとある予備校で法律の講義をなさっていたこともあり、飲み会に集まったのは、先生の予備校での教え子たち。
私はそこで教わったことがないので、今回の飲み会はちょいとアウェー。

しかし、みなさん気さくな方ばかりで、とても楽しい時間が過ごせました。

自分は、大学院の1年生の時に自習室の勉強机がその先生の隣だった関係で、それ以来ずっと仲良くさせてもらっています。

つまり、学校の先輩です。よくご飯をごちそうになったりしていました。


先生以外は、私も含めてみんな受験生。ただし、受験生になるまでの背景はみんな別々。社会経験がある方の話はやっぱり面白かった。

先生の仕事の話も面白かった。

法廷で初めて陳述したときには足が震えたとか、
英語やフランス語の契約書を読まなきゃいけないときは友達の手を借りてなんとか乗り切ったとか。

5人の飲み会だったのですが、その内3人が阪神ファンだったんで、阪神談義でも盛り上がったり☆
まさか、猪俣やオマリー、パチョレックの話をするなんてw

そんなこんなで良い飲み会ができました☆

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」10
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」10
(不公正な取引方法1 総論)

◇不公正な取引方法(2条9項、19条)
*不公正な取引方法を検討する際には、必ず私的独占も検討すること
答案で書くかは別。書くとしても2・3行で切ることも。
ex)○○市場でのシェアが30%と高いとはいえず、他の有力な競争者ABC(シェア10%)もいるので、競争の実質的制限が認められない。そのため、私的独占とはいえない。

19条が禁止する不公正な取引方法(2Ⅸ)とは、①2条9項1~5号に該当する行為、または、②6イ号~ヘの一つに該当する行為であること、公正競争阻害性があること、公取委が指定する行為であることである。

*公正競争阻害性とは(これ自体を書くことはない。少なくとも自分は)
 公正な競争秩序とは、①自由な競争(事業者相互間の自由な競争が妨げられていないこと、及び競争者がその競争に参加することが妨げられていないこと)、②競争手段の公正さ(自由な競争が価格・品質・サービスを中心とした競争であることにより、自由な競争が秩序づけられていること)、③自由競争基盤の確保(取引主体が取引の諾否及び取引条件について自由かつ自主的に判断することによって取引が行われているという自由な競争の基盤が保持されていること)、という3つの条件が保たれている状態である。このような競争秩序の3つの条件のいずれか、またはいくつかを侵害するおそれがあることをもって公正競争阻害性があるということになる。

*①自由な競争の侵害
①自由な競争の侵害は、具体的な競争減殺効果の発生は要件ではなく、ある程度において自由競争を妨げるおそれがあると認められれば足りる。

 A 行為者又は行為者と密接な関係を有する事業者の、競争者等の取引機会を排除し、または、当該競争者等の競争機能を直接的に低下させる場合
  →一般指定1~7、10、11、12、14項
   2条9項1号(供給についての共同の取引拒絶)、2号(供給についての差別対価)、3号(不当廉売)

 B 価格、顧客の獲得等競争そのものを侵害する場合
  →2条9項4号(再販売価格維持)、一般指定13項

*②競争手段の不公正(顧客の選択の自由が害される)
 能率競争の観点から見て競争秩序を歪めるおそれがあるかどうかが公正競争阻害性の有無の判断の中心となる。当該行為の相手方の数、当該行為の継続性・反復性・伝播性等を考慮する。
 →一般指定8~10、14項

*自由競争基盤の侵害
 取引主体の自由かつ自主的な判断により取引を行うという自由競争基盤の保持の侵害があるか。優越的地位にある事業者が取引の相手方に対して、取引先選択の自由、取引条件の自由な合意、取引の履行・事業遂行の自由という事業活動上の自由意思を抑圧し、不当に不利益を強要することによりなされる。
 →2条9項5号(旧一般指定14項)、13項

*公正競争阻害性については公共性・安全性などの社会的相当性も考慮に(百P105)
→社会的相当性の有無の判断基準
 目的の正当性―反競争性という弊害を起こしてでも達成すべきだと法が判断するようなものであり、達成される善と反競争性の弊害とを比較考量する
手段の正当性―より制限的でない代替的手段があるか
      (東芝エレベーターでは、「自己の方が独立系業者より安全性が相対的に高いことをユーザーに情報提供するという方法」があったので、手段の正当性は認められない)

高級マンゴーはうまい!!
はじめて食べました!!宮崎マンゴー!!

先日父親が誕生日を迎えまして、そのプレゼントとしてお仕事でお世話になっている方から頂いたそうです。

DVC00042.jpg
写真に写りこむ手はオヤジの手。

このマンゴー、ハンパなくおいしかった☆
今まで食べてきたどのマンゴーとも全然違う。
東国原知事が色々と宣伝してましたが、ココまでおいしいとは。。。

一切れ口に入れた瞬間に口中に今まで体験したことのない甘みがジュワーッと、しかし、さわやかに広がりました。
マンゴーを飲み込んだ後にも、さわやかな甘みがフワッと口の中に残ります。
マンゴー特有のくさみはかなりおさえめ。自分はあれがあまり得意ではなかったのですが、全く気になりませんでした!むしろそのくさみさえも愛おしい!!
ボキャブラリーが少ないので、味を上手く表現できないのが残念です。。。

今まで食べ物を食べて感動したのは3回。
1回目は、ウニ。その昔、親父が接待で行った寿司屋の握りのおみやげを、持って帰ってくれました。その中に入っていたウニに感動。甘みが溢れ、くさみは控え目。ウニとマンゴーの違いはもちろんありますが、似たような感じです。このウニを食べるまではウニのくさみがダメで進んではウニを食べなかったのですが、これを食べて以降はむしろウニ好きに。

2回目は、新宿の焼肉屋で食べた生レバー。レバー自体は好きでしたが、生レバーを食べたのはそこが初めて。こんなおいしいレバーがあるのか~と感動したことを覚えています。

そして今回が3回目。
ウニのときのように、今後はマンゴー好きに変わるかもしれません。

この記事を書くにあたって、アマゾンで今回食べたマンゴーを調べてみました。

今回食べたのはコレ↓


ロイヤルガストロ 宮崎県産・完熟ブランドマンゴー「太陽のたまご」(2Lサイズ/1玉/化粧箱入り)

マンゴー1玉  12600円!!!

この値段、1玉ですよ?!
自分で買うことはないでしょうな。
しかし、また食べてはみたい。
将来しかっり働いて稼げるようになったら、5年に1度くらいのご褒美にでもしよっかな~

テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」9
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」9
(事業者団体の禁止行為)


◇事業者団体の禁止行為(8条)
*私的独占の支配排除に該当する行為については1号(「公共の利益に反して」という要件はないが、競争の実質的制限の中で社会的利益も考慮)、3号。

*1号は、不当な取引制限と私的独占についての行為規制。
*成立時期について(百P85)
 団体の決定、参加者への通知など、会員による実施という段階がある。1号違反はどこで成立するか?
 一般論として、事業者団体の決定が一部構成事業者の代表等による場合には、団体等の通知等による決定内容の周知時にカルテルの合意と同様の状況が生じるといえる(実行は必ずしも必要ではない)。

*事業者団体の意思決定
 事業者団体の行為であるためには、団体内部の意思決定機関の決議・決定が必要。もっとも、正式な機関によるものでなくても、何らかの機関で決定がなされた場合において、その決定が構成員により実質的に団体の決定として遵守すべきものとして認識されていれば、当該団体の意思決定があったものとみなされる(大阪バス協会事件)

◆事業者の数の制限(8条3号)
*「一定の事業分野」とは
「一定の事業分野」とは、一定の取引分野とはことなり、もっぱら供給者側の特徴に着目し、同種または類似の商品・役務を供給しうる一群の事業者の範囲をもって画定される。
(ex 鉄鋼業という分類のように、生産者・中間販売業者・販売業者・関連業者等の縦の関係を含んだ事業区分)

*「事業者の数の制限」
 「数の制限」とは、新規事業者の一定の事業分野への参入を阻止し、または既存事業者を排除することによって、一定の事業者間においてのみ競争が行われる条件を作りだし、市場の開放性を妨げること(p83)
 「事業者の数の制限」については、その手段・方法は問われない。また、当該事業者団体への加入制限により、事業の開始または継続が困難となることが必要であるが、現実の結果の発生は必要なく、そのような状況が予定されることで足りる。

*事業者団体が数の制限をする場合には競争を実質的に制限する可能性が高い。3号は競争の実質的制限を考慮することなく適用できるが、競争の実質的制限をもたらすことが明らかなときは1号が適用されるべき。

・3号は2つの点から予防規定とされる(百P80)
①一定の範囲における商品・役務の供給者群と需要者群をめぐる競争の全般的な状況から1号のいう「一定の取引分野」が成立しない場合
②競争の実質的制限が認められない場合(3号は具体的結果発生は不要)

◆構成事業者の機能・活動の不当な制限(8条4号)
 要件は、①構成事業者の主体的な事業活動を制限、②公正競争阻害性(「不当に」)。

・競争の実質的制限を認めることができるときは1号で!

◆事業者に不公正な取引方法をさせるようにすること(8条5号)
 要件は、①事業者団体が、②事業者に(構成事業者でなくてもOK!百45エアーガン)、③不公正な取引方法をさせるようにすること。
・事案で「させる」とあったら5号に当たらないか注意する!

*要件③は、するように働きかけた事実があれば足り、当該事業者が実行することは必要ではない。

・3号(数の制限)の手段として5号に該当する行為が行われた場合、その手段を排除する必要性があれば、手段となった行為には5号を適用すべき。
・構成事業者に不公正な取引方法をさせた場合には、4号との関係が問題となるが、4号が補完的な地位にあることに鑑み、5号の適用だけで十分。
・競争の実質的制限がもたらされる場合、通常は1号のみの適用で十分。ただ、5号を並行して適用することもできる(エアガン事件・百45)

*事業者の行為か、事業者団体の行為か?(百P73)
 ・両方いけるときは重畳でOK!
(公取は択一的。事業者団体が中心となっているときは1号)
 ・それぞれの事業者が個別に行うべきことがあるときは事業者の行為として捉える(百32・元詰種子カルテル事件)

*新規参入妨害は、原則として8条3,4,5号に違反し、これによって競争を実質的に制限するときは1号違反(百P89、流通・取引ガイドライン)。

*法律の規定に基づいて設立された組合の適用除外(22条)
・ただし書きに注意!
「ただし、不公正な取引方法を用いる場合又は一定の取引分野における競争を実質的に制限することにより不当に対価を引き上げることとなる場合は、この限りではない」
・22条1号「小規模事業者・・・の相互扶助を目的」
 1事業者でも小規模ではなかったら独禁法適用(百P89)

エクササイズ2
昨日も行ってきました、フェイットネスジム!!2回目。

1日置けば筋肉痛はおさまるかな~っと思っていましたが、胸の筋肉痛はかなりのもの。

ってことで、今日は腕や胸の筋トレはナシにしました。

これから通うにしても中1日の週2回しか行けそうにないので、筋肉痛とは上手くお付き合いしなくてはならなそうです。

トレーナーさん曰く「慣れていけば、中1日でも筋肉痛を気にせず筋トレできるようになりますよ」とのこと。

そんな風に筋トレができるくらい通い続けられるでしょうか?!

ってことで昨日のメニュー
・下半身・腹筋背筋を中心に筋トレ1時間強
・ランニング5キロ 30分 ダウンとしてのウォーキング10分くらい
・行き帰りのチャリ1時間

マシンの使い方に慣れてきたので、来週は負荷や筋トレにかかる時間とかをちゃんと考えてやれるようにしよう。



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」8
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」8
(入札談合2/2)

(2)損害賠償請求(独禁25条(26条に注意)、民法709、地方自治法242条の2第1項4号)
・不法行為の場合は、必ずしも「独禁法違反だ!」と言わなくてもよい。
 ex)「独禁法の趣旨にもとるから違法性(不法行為)が認められる」

・民法709条に基づき損害賠償請求をする場合、不法行為の要件として①権利・利益の侵害行為の存在と②損害、③ ①と②の因果関係を主張立証する必要がある。(談合が認められる場合、故意過失も認められる。)

ア 要件①権利・利益侵害行為の存在
  入札談合事件においては、受注調整をする旨の基本合意が存在し、その対象となる物件であったというだけでは足りない(推定させるにとどまる)。発注者(原告)は当該物件についての個別調整があったことを主張立証することにより、競争入札によって得られる発注者の利益が侵害され、損害が生じたことになる(米軍厚木基地事件・東京地裁H14.7.15)。
   ↓
 (とはいうものの)
 審決で認定された基本合意の対象物件であるときは、特別の事情がない限り、基本合意に基づく個別調整があったことが推認してよい。
   ↓
 ただ、この場合でも、アウトサイダーがいるときは注意が必要。
談合を成功させるには、アウトサイダーに協力させなければならない。そこで、個別調整を認定(推認)するだけでなく、①談合行為者がアウトサイダーに協力を求め、②アウトサイダーが協力に応じたかが問題となる。
 <①協力を求めたこと>
基本合意の中身として「受注予定者は自社が受注できるよう協力を求めること」が取り決められている場合、特別の事情がない限り、アウトサイダーに協力を求めたと推認するのが相当である。
 <②協力に応じたこと>
  落札率が極めて高いときは(例:99%)、特別の事情がない限りアウトサイダーの協力があったことを推認するのが相当である。
 (広高H19.7.18)

 ・ちなみに
   個別合意にかかわった事業者全体に民法719条(共同不法行為)責任が発生する。
ただし、基本合意に参加していても、当該個別合意にかかわっていない業者には719責任が生じないことには注意。

イ 要件②損害
  実際の落札価格と競争があった場合の落札価格の差額が損害額といえる。しかし、競争があった場合の落札価格を立証することは不可能を強いるものといえる。そのため、民事訴訟法248条を適用すべきである。

(3)刑事責任(不当な取引制限罪)
・89条「不当な取引制限をした者」とは、個人事業者
・95条は、違反行為をした従業員と当該法人を罰する両罰規定。
     法人の責任根拠は従業員の選任・監督を怠った過失責任と解されている。
 95条の2・3は、違反行為の計画や実行を知りながら防止措置を採らなかった法人・団体の代表者を処罰する三罰規定(過失責任)。

 ①実行行為―原則:基本合意 例外:個別調整 
(自説は状態犯説からこのように解して良いのでは?)
・百P59・佐伯解説「両者は別個の実行行為」
・状態犯か継続犯か←公訴時効の起算点・共犯の成立の問題
【状態犯説】刑法学者
   相互拘束により一定の取引分野において競争が実質的に制限されれば、ただちに既遂となり、以後は法益侵害状態だけが残るだけであるから状態犯である。
   基本合意が時効にかかるとしても、個別調整自体を相互拘束と捉えて不当な取引制限の罪に問うことができる(時効の難点をクリア。ただし、個別調整で「一定の取引分野」を認定できるか問題が残るといわれる。罪の重さ(刑法の談合罪との比較)に比べて取引範囲が狭すぎる。)。
   
【継続犯説】鋼橋上部工事談合刑事宮地鉄工所等(東高H19.9.21)
         水道メーター事件(東高H9.12.24)
   相互拘束などが行われて競争が実質的に制限されることにより既遂となるが、その時点では終了せず、競争が実質的に制限されているという行為の結果が消滅するまでは継続して成立する(時効の難点をクリア)。その間にさらに当初の相互拘束行為等を遂行、維持又は強化するために相互拘束行為等が行われたときは、その罪の実行行為の一部となる。

   ←批判
    法人処罰は前提として自然人(従業員)の行為を問題にせざるをえないため、継続犯説をとることは難しい。つまり、基本合意を行った従業員から、個別調整を行った従業員へ基本合意が引き継がれて維持されて来たと解するのはフィクションに過ぎる(旧百P261)

 ②結果―自由競争秩序の維持という保護法益が侵害されること
 ③因果関係

【読書日記】バフェットの教訓
今回は外人三部作(カーネギー、バフェット、ドラッカー)の第二弾。

史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵
           (著)メアリー バフェット, デビッド クラーク, (翻訳)峯村利哉

☆9個
感銘を受けた記述がとても多かった。投資について考えるときだけでなく、いつでも意識しておこうという言葉も3つはあった。カーネギーの著作も良かったが、それを超えます。

バフェット(ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett))という人物は、超有名なアメリカ人投資家。
米フォーブス誌の2008年版長者番付で世界1位!、2010年版では第3位!という超お金持ち。
ただし、生活は質素であり、多額の寄付をすることから、多くの人々から尊敬を集めているそうです。
車は、青年時代から百万長者(≒億万長者)になったかなり後まで、旧式のフォルクスワーゲン・ビートルに乗っていたんだそう。(ま、理由は「買替費用を運用したら○○年後にはいくらになるか?」を考えたからだそうですが)
多額の寄付というのはアメリカ人らしいですね。

この本は、バフェット自身が書いたのではなく、その義理の娘とバフェットの友人が共同して、バフェットの言葉を集め、解説したものです。
投資についてだけでなく、会社について、実際の取引における心構え等々、含蓄あふれる記述が目白押しです。

投資をしようと考えている人は、証券会社に行く前に一読すべきでしょうね。
私も将来投資をしたいと思っていますが、バフェットの考え方に対する意見をまずは聞こうと思います。その答えがまともではなかったら、絶対にその人には相談しません。

会社の経営者も当然読むべきでしょうね。既に読んでいるとは思いますが。
就活を控える学生さんも読むとタメになると思います。仕事選びについても書いてあります。必ずしもその通りにしなくても良いとは思いますが、その通りにしても良いと思います。
経営者ではない立場で、既に社会に出ている人に対してはカーネギーの方がオススメかな~。どっちも読めばイイと思いますが☆

グッと来た、もしくはハッとした文章をご紹介>
・いったん交わした契約は反故(ほご)にできないのだから、サインする前に考慮すべきことはすべて考慮しておきなさい

・トラブルから抜け出すよりも、トラブルをさける方が簡単だ
>リスクマネジメントを生業としていきたいと思っている私の胸にグサッとささりました。
 この言葉は、法律家になれたとしても、他のところで働くことになったとしても、いつでも意識していきたいと思います。

・信望を得るには20年かかり、信望を失うには5分とかからない

・インターネットがいかに進歩しようと、人々のガムの噛み方が変わるとは考えにくい
>この視点は大事!!自分はこれの意識が低かった気がする!!!この本で1番グッときました!!!!

・誰かを雇おうとするときは、誠実さ、知力、実行力という3つの資質に注目するとよい。中でもいちばん重要なのは誠実さである。

・何か問題はないかとアドバイザーに相談すれば、アドバイザーは必ず問題を探し出してくる。まったく問題がない場合でも
>法律家になれたなら、絶対にこんなアドバイザーになってはならない。事務所運営上やってはならないのではなくて、信念として。

・ウォール街は動くことで金が転がり込んでくる。あなたは動かないことで金が転がり込んでくる。
>証券会社が何で儲けるのか?主なものは手数料ですよね。

・頭を回転させて考えを整理したいとき、文字にしてみることほど効果的な方法はない
>私は、読んだ本で感銘を受けた部分・その時考えたことをすぐに本に書き込み、ブログを始めてからは記事にしています。自分の中での整理に役立っていると思います。思いつくだけだとすぐ忘れてしまうし。。。

・過去を変えられるわけではない。あなたは前を向いていきるしかないのだ
>今の私は試験の結果を待つ身です。その結果がどのようなものであっても(特にダメだったとき)、もう一度この言葉を噛みしめてから次の行動を考えようと思います。

・アイディアを自分で理解しているなら、他人にも理解できるように説明できるはずだ
>法律の勉強をしているとき、尊敬する教授に同じ意味のことを口を酸っぱくするほど言われました。イヤな思い出です(笑)

・ある分野の第一人者が畑違いの事柄にまで首を突っ込んで、一般大衆に身の処し方をあれこれ指南しようとする風潮にわたしは強い違和感を覚える
>ワイドショーなどのコメンテーター自身もこの言葉を知って欲しいし、それを聞く側の人も知っておいた方がイイ言葉だと思います。意見表明はどんな人でもして良いし、その意見の中にも聞く価値があるものもたくさんあると思いますが、それをウノミにすることは絶対してはいけない。これは専門家の意見でも同じでしょうが。また、選挙に出る有名人もわきまえた方が良いし、我々国民がその人に対して投票をするかどうか決断する時にも思いだして欲しい。有名人でもちゃんと政治ができる人もいるとは思いますが。
 バフェット自身は、自分が投資家であり経営者というわけではないことをしっかり意識しておられる模様。バフェットですらそうなのだから・・・

・金は人を変えない。金は人の本性を浮き出させるだけである
>「あの人はお金を持って変ったね~」ではないのだ!!

*いつもながら、ここに挙げたことはごく一部。解説も良いと思うので立ち読みでも良いので、是非読んでみることをオススメします。
 しかも、投資についての技術的側面が強い部分については、上に挙げませんでした。投資をはじめようとする人、投資を行っている人でまだバフェットの考え方をあまり知らない人は、必読だと思います。
 コカコーラに投資した理由とかは笑えると思います。

 時間のない人は、とりあえず98番目の言葉(P171~)についてのところだけでも立ち読みすることをオススメします。
 ここにバフェットの投資方針が凝縮されていますので。
(*追記―これだけだと、単なる宣伝っぽくなってしまうので、簡単に説明を。つまり、愚か者でも経営できるビジネスを狙い、正直者を相手とし、理にかなった価格で取引しろということ。)
 ちなみにバフェットによると「偉大な投資家に必要な数学は、足し算、引き算、掛け算、割り算の計算力と、百分比や確立をすばやくはじき出す能力だけ」だそうです。

 この本自体は、頑張れば3時間くらいあれば読み終わります。
 トイレにおいて、1日1個ずつくらい読むのもイイかも。125個の言葉があるので、4カ月間のトイレがより充実した時間に!!(笑)



テーマ:紹介したい本
ジャンル:本・雑誌

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」7
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」7
(入札談合1/2)

◆入札談合
・3条後段(不当な取引制限)、8条1号、刑法96条の3第2項(談合罪)で規制される。

・入札談合とは、注文生産や官公庁の発注に対する入札において、参加者があらかじめ受注予定者を決定し、その者が落札できるように協力する行為。
 
・談合は一般に

①基本合意
←・不当な取引制限の対象
 ・不当な取引制限罪(89条・95条)
  シール談合事件は②で捉えた
②個別調整(個別談合行為)
←・課徴金算定の対象
 ・損害賠償の対象もこっち(独禁25条(26条に注意)、民法709、地方自治法242条の2第1項4号)
 ・談合罪(刑法)

 という二重構造をとる。

 ①は受注調整の基本方針・ルールに関する抽象的・包括的な協定であることが多い。
 ②は①の実行行為としての側面を有しているが同時に競争を放棄する具体的な合意である。

・アウトサイダーにより受注された物件があったり、参加者間で調整しきれずに競争になったり、具体的方法に差異があったとしても、そのことから直ちに①基本合意の存在が否定されることにはならない(百23・大石組事件)。

・長期に及ぶ談合の場合は、①の存在が明確でないことがあるが、公取の実務では、②の個別的な決定が継続的に行われている事実等から①を推認することが行われている。
  ↓
 一方、基本合意の存在から直ちに、合意の対象となっていた入札において、個別談合行為を行っていたと推定することはできない。
 
(1)不当な取引制限
①事業者が、
②共同して、
③相互拘束・共同遂行することで、
 ・入札談合の場合、合意参加者の間には、他の参加者が受注予定者となった時は協力し、自己が受注予定者となったときは協力してもらう(または、他の所で見返りを受ける)という「貸し借り」の関係があって、これが「相互に事業活動を拘束し」に該当する(百P57)
④公共の利益に反し、
⑤一定の取引分野における競争の実質的制限
・一定の取引分野は、基本合意が及ぶ範囲
・競争の実質的制限については、入札談合が価格を人為的にコントロールするものであるため、競争制限性があるのが明らかである。

エクササイズ
昨日はフィットネスジムに行ってきました!!

ジムといっても、お金が不自由な私は都営のジムへ。

行ったのはココ↓
DVC00040_convert_20100525205321.jpg
東京都江東区の夢の島にあるBumB 東京スポーツ文化館内にあるフィットネスジム。


2時間のお値段、なんと500円!!

ナイス都営!!

と思っていたんですが、HPを見ると「ユース・プラザ株式会社」という会社が運営している模様。
調べた結果は記事の一番下に載せておきます。(読まなくていいです。)

そんなことはさておき、やっぱり魅力は値段。(マシンも十分充実してます)
家の近くにフィットネスがあるんですが、月1万円
都営(メンドイから都営と呼ぶ)のジムの20回分。
バイト生活には厳しすぎます。

ということでちょっと遠いんですが、都営のとこに行きます。
そこへ行くには、チャリンコで約30分。
ちょーど良いアップです。
ジムに入ったら、マシンの使い方などインストラクターの人が丁寧に教えてくれます。
昨日お世話になった2人の方は、ともにめちゃくちゃ優しかったです。

ということでメニューは、マシンを使った筋力アップを目指すものに。
大胸筋→背筋→腹筋→側筋→大腿四等筋→大腿二等筋(ハムストリングス)
といった流れを2・3セット。
(筋肉の名前はネットで調べました)

わりかしまじめにやったので、筋肉痛です。
めちゃくちゃ痛いです。。。
大胸筋がハンパない。トレーナーの方に「久々のトレーニングだと明日すごいですよw」と言われましたが、その通りです。。。


なにはともあれ、平日の午後に行ったということもあり、ジムが空いていたので、効率よくトレーニングできました。
そのおかげで、一通り筋トレ終わっても1時間たってないくらい。
ってことで、筋トレ後にランニングマシンで走りました。
これも動かし方教えてもらったのですが、最初はなんどか倒れそうになりました。。。
その姿に教えて下さったお姉さまはちょっと笑い気味w
でもすぐに慣れることができまして、その後は早さを調整しつつ、40分強。
汗ダラダラでした。

ということで昨日のメニュー
・筋トレ(全身)40~50分
・ランニング  45分くらい
・ダウン(ストレッチ)少々
+行き帰りの自転車合計1時間

ちょうどいい運動になりました。
さて、続けられるか。。。

次行った時は、ジムよりもうちょい先にあるディズニーランドにも寄って、中学野球部時代からの親友の娘のために彼女が大好きだというミニーの人形でも買おうと思ってます。
これを実行するためにジムに行きます!そしてジム通いを習慣へ!!
(自分の運動を習慣化するために友人の娘を利用する形ですw)

目標!!マイナス3キロ!!

*おまけ
 はるな愛さんを見かけました。(見間違いでなければ・・・)
 ランニングしてました。ちなみにジムではありません。チャリンコ乗っている時に発見したんです。
 とりまき7人くらいと一緒に走ってました。
 忙しいだろうに、こういう日々の努力をしっかりしているんですな。


【運営主体について調べた結果】
>ユース・プラザの整備に当たっては、「PFI(Private Finance Initiative)」という手法を導入しました。「PFI」とは公共施設の設計・建設・運営・維持管理等を民間の資金とノウハウを活用して行うもので、効率的で質の高い公共サービスを提供する新たな手法です。
 東京都は、PFI法に基づいて、区部は平成13年度、多摩地域は平成14年度に、公募(総合評価一般競争入札)によりそれぞれのPFI事業者を選定しました。
 また、選定された事業者は、ユース・プラザ運営のための会社(特別目的会社)を設立しています(区部ユース・プラザ:「PFI区部ユース・プラザ株式会社」、多摩地域ユース・プラザ:「京王ユース・プラザ株式会社」)。これらの会社は、東京都と事業契約を締結し、それぞれユース・プラザの建設・運営・維持管理等を行います。
 そのため、ホームページの提供を含めたユース・プラザの運営は、上記民間事業者により行われます。
(http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shogai/yptop.htm)

要は、公共目的の施設運営を民間事業者にやらせることで、都の財産管理のムダをなくそう!ということ。(多分)


テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」6
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」6
(不当な取引制限3/3)

◆要件⑤競争の実質的制限
*競争の実質的制限とシェア(あくまでイメージ。しっかり個別事情に言及すること)
50%以上   →○
 50%以上であれば、通常は、競争制限効果が上がる状況が存在する。
50%~25% →△
 50%以下であれば、通常は競争制限効果が上がらない場合が多い。
 市場の状況によっては、50%以下で効果認められる。
Ex)中央食品事件(50%未満・旧百7)―被審人らの地位、他の業者の状況(本件では多くが家族経営の零細だった)
醤油価格協定事件(30%強)
 25%以下   →×
  特殊事情がない限り、競争制限効果はない。

・シェアを考える際は市場を画定すること!

*競争者の供給余力の有無が重要
 その判断の際には、カルテルをしたものとアウトサイダーを比べて、市場シェアの大小やその格差の大小が参考となる場合が少なくない
(格差が大きいと、競争者が供給量を増やすことが容易ではないため、協定に対する牽制力がないことに)勘所P3

*いつから競争の実質的制限は生じるか(成立時期、不当な取引制限罪の既遂時期)
 不当な取引制限による競争の実質的制限とは、事業者の集団により市場メカニズムの働きが支配されるという一種の状態・効果を意味する概念であるから、合意がなされた時点でも、その効果を認めることは可能である。
(基本的には合意時説。ただし、「実効性ある合意」が必要と考える。つまり、合意だけで認められるのは、①価格協定、生産制限協定など競争制限それ自体を目的とするものであり、②合意の当事者のシェアが大きい場合に限る。)

*共同出資会社についての事案に対しては、不当な取引制限で行くべきか株式所有規制(10条1項)で行くべきか?(百選P69)
 10条1項違反に対して命じうる排除措置は株式処分とその周辺的措置に限られ、3条後段違反のように基本契約の修正・破棄等が行えないため、不当な取引制限の方が良い。

◆不当な取引制限の規制
①規制の体系
不当な取引制限(2条6項、3条後段)
事業者団体による場合(8条1号~4号)
②執行・実現
  排除措置(7条、8条の2)
  課徴金(7条の2第1項、8条の3(8条1号か2号についてのみ))
  刑事罰(89条)
  民事的救済(民法709条、独禁25・26条) 

【読書日記】カーネギー「人を動かす」
ドラッカーを読みたかったと言いましたが、それ以外にも読んでみたかったけど、読めていなかった本が何冊か。

それは、
デール・カーネギーの本とバフェットの本。

ドラッカー(マネジメント)
カーネギー(心理・会話術)
バフェット(投資)

いっぱしの社会人・大人になるためには、それぞれ一冊は読んでおかなきゃいけないと思っていました。

今回は、

人を動かす 新装版
(著)デール カーネギー(Dale Carnegie)、(訳) 山口 博

☆8個
大学生、社会人に「オススメの本ある?」って尋ねられたら、必ず紹介するでしょう(ど忘れしてない限り・・・)

この本には、要は、必ずしもこれが正解ってわけではないが、周りの人とのコミュニケーションをなるべく円滑にするためにはこうしたら良いと思うよ!ってことが書かれています。
カーネギーさんもココに書かれているものが“絶対”だとは思っていないと思います。
P320に「もし、わずか十パーセントでも成功の確率を高めたとしたら・・・”と書いていますし。

ちなみに、邦題の「人を動かす」ってのはミスリーディングだと思います。
この本の英語のタイトルは、“How to Win Friends and Influence People”
前半部分が邦題には抜けています。
前半部分の「友を得る方法」ってのがこの本の重要なテーマな気がします。
たしかに「友を得たり、人に影響を与える方法」とかだとすると語呂が悪いのですが。。。


ここでこの本の目次を紹介。

1 人を動かす三原則
2 人に好かれる六原則
3 人を説得する十二原則
4 人を変える9原則
5 幸福な家庭を作る七原則


この5つはかなり抽象的ですが、各原則の中身を見るとかなり具体的。

歴史上の偉人やカーネギーの実体験、カーネギーの講義を受けていた生徒などの成功例・失敗例が数多く紹介されています。

サラッと読むのも良いでしょうが、各事例の紹介部分だけ読んで、「自分ならどうするか?」を一回考えてから読み進めると、よりこの本の内容を吸収できるように思います。


アメリカの大学で金融を学んだ弟に聞いてみたところ、「向こうの大学生もかなり読んでたよ~」とのこと。

日本の大学生もとりあえず読むべし!!
自分の主張を受け入れて欲しいとき、相手の主張を変えたいとき、上手くワビをいれたいとき の交渉方法について困っている社会人も読むべし!!
学生や社会人じゃなくても、コミュニケーションを上手くとりたいな~と思う人はどなたでもかなり参考になると思うので、読むべし!!

グッと来た、もしくはハッとした文章をご紹介>
・小言をいわれてはたらくときよりも、ほめられて働くときのほうが、仕事に熱がこもり、出来ぐあいもよくなる。

・死ぬまで他人に恨まれたい方は、人を辛辣に批評してさえおればよろしい。その批評が当たっていればいるほど、効果はてきめんだ。
>昔、人の感情は数式グラフで表せられるということを聞いたことがあります。嬉しさや悲しみは時間と共に薄れるものであるため、反比例。ただし、ねたみ・恨みは、時間と共に薄れにくいため、横軸と平行になる、と。

・家族に6日間も食事を与えないでおいたとすると、一種の罪悪感を覚えるだろう。それでいて、食事と同じくらいにだれもが渇望している心のこもった賛辞となると、6日はおろか6週間も、ときには6年間も与えないままほったらかしておくのだ。

・(「人の立場に身を置く」ということに関して)
 夏になるとわたしは魚釣りにゆく。ところで私はいちごミルクが大好きだが、魚はどういうわけかミミズが好物だ。だから魚釣りをする場合、自分の好物のことは考えず、魚の好物のことを考える。
>「人間にも同じようにしてみるといいよ」の意味。

・人を説得して何かをやらせようと思えば、まず自分にたずねてみることだ。「どうすれば、そうしたくなる気持ちを相手に起こさせることができるか?」

・そもそも、相手のまちがいをなんのために指摘するのだ

・(パーティーで皆で話している最中に若かりし日のカーネギーが話者の発言の誤りを指摘した時の友人の言葉)
相手のメンツも考えてやるべきだよ。議論する必要がどこにある?
>“空気を読む”っていうのは日本人特有のものではないのですね。だって、アメリカ人も人間だもの。

・遠回しに注意を与える場合は、「しかし」ではなく「そして」を上手く使おう
 たとえば、
 「今学期の成績が上がってほんとうに鼻が高いよ。しかし、代数をもっと勉強していたら、成績はもっと上がっていたと思うよ」
  ↓
 「今学期の成績が上がってほんとうに鼻が高いよ。そして、来学期も同じように勉強を続ければ、代数だって、ほかの科目と同じように成績が上がると思うよ」
>下の例文自体もビミョウな気はしますが、ココの真意はグサッと胸に刺さりました。

・小手先の社交術を説いているのではない。新しい人生のあり方を述べているのである。

*挙げたものが多くなってしまいましたが、これでも絞ったんです。
 ここに挙げているものも前後の文脈の中で是非読んでもらいたい。
 多分後悔はしないはずです。



アマゾン見てたらこんなものも!!
 ↓


めっちゃ高いんで、本をおすすめしますが、読書が面倒でお金に余裕のある方はどーぞ。。。


テーマ:紹介したい本
ジャンル:本・雑誌

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」5
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」5
(不当な取引制限2/3)

◆要件②「共同して」
「共同して」いるというためには、単に行為の結果が外形上一致した事実があるだけでは、未だ十分ではなく、進んで行為者間に何らかの意思の連絡があることが必要である。(これがあれば、個別の行為の束と区別することができる。)
意思の連絡とは、複数事業者間で相互に同内容又は同種の引き上げを実施することを認識ないし予測し、これと歩調をそろえる意思があることを意味する。一方の対価引き上げ(行為)を他方が単に認識、認容するだけでは足りないが、事業者相互で拘束し合うことを明示して合意することまでは必要でなく、相互に他の事業者の対価の引き上げ行為を認識して、暗黙のうちに認容することで足りると解するのが相当である(東芝ケミカル・百21)。なぜなら、もともと厳格に禁止されている不当な取引制限の場合、事業者は合意を隠そうとするのが通常であるから、外部的にも明らかな形での合意が認められなくてはならないとすると、カルテル規制は機能しなくなるから(アルマP88。もっと良い理由づけはないものか・・・)
 
 *意思の連絡が存在するために立証すべき具体的事実(行為の外形+α)
  ①事前連絡交渉の有無
  ②事前交渉の内容(共同行為の対象事項に関しての情報交換が行われたか)
  ③結果としての行為の一致
  について、諸事情を間接証拠(間接事実・補助事実)として経験則により判断
(直接証拠があればもちろんOK)
   ↓
  この3つが認められる場合には、当該行為が事業者の独自の判断によって行われたことを示す特段の事情がない限り、意思の連絡が推認される
 
 ・間接事実は+も-も挙げる。マイナスがないこともプラス。

*基本合意(意思の連絡)の立証について
 基本合意の形成過程をどの程度具体的に立証する必要があるか?
→事業者間に相互に同内容の認識を持って相互に拘束する意思が形成されていれば、基本合意の日時・場所等を特定する必要はない(百27・23)
(刑訴の「共謀」と一緒かと。刑訴百選A38)

*寡占企業が協調を選択し、それが繰り返されることによって、明確な価格協定を結ばなくても協調関係を維持できるようになる。この場合、各企業は他の企業も同じ価格行動をとることを意識しながら、結果的に一致して行動する。
→しかし、これだけでは、何らかの意思の連絡があったということはできない。そのため、要件②「共同して」を満たさない。

*拘束の程度
  法的拘束力までは不要であり、事実上の拘束で足りると解する。

*事業活動を「拘束」とは、事業活動を制約すること=各当事者の独立した意思決定に制約が生じること。
 ex)入札談合では、各当事者は札入れに当たって合意に従わなければならず、その自由な意思決定に制約が生じる

*不当な取引制限からの離脱(意思の連絡の有無が争点。課徴金の算定に影響を及ぼす(7条の2Ⅰ。)
 明示的な意思表明までは不要だが、少なくとも離脱者の行動等から他の参加者が離脱者の離脱の事実を窺い知るに十分な事情の存在が必要。
   ↓
 <離脱が認められるときは、要件⑤競争の実質的制限をもう一度検討する>
 残された他の違反者は、相互拘束するという行為要件は満たし続けるものの、競争の実質的制限という弊害要件は満たさなくなっているおそれがある(勘所P314)

◆要件③相互拘束・共同遂行することで
*相互拘束が認められるためには、(a)拘束の相互性、及び、(b)目的の共通性が必要
(a)拘束内容の相互性とは、競争制限を企図して(価格設定行為や入札行為等の)事業活動を相互に制約し合うこと。
合意に参加していても、競争制限をもたらすような事業活動の制限を相互に課し合う関係になければ「相互拘束」には該当しない。
・再販売価格維持契約が「相互拘束」に該当しないのはこの意味での「事業活動を相互に制約し合う関係」にないから。(=押しつける側は何ら拘束されていない)

*拘束の相互性について(シール談合事件・百20)
 (指名業者については談合に従って入札しなくてはならないことから拘束が認められる。)
指名業者でない事業者は談合の内容に拘束され、談合に従って事業活動をするだけでなく、関連企業で指名業者となっている事業者を使って談合破りをすることも許されなくなり、本来自由であるべき事業活動が制約されている。したがって、拘束の相互性は認められる。

 ・要件①「事業者」(シール談合事件・百20)
   事業者の行う共同行為は「一定の取引分野における競争を実質的に制限する内容のものであることが必要であるから、共同行為の主体となる者がそのような行為をなしうる立場にある者に限られるのであり、その限りで「事業者」は無限定ではない。
    ↓
   実質的競争関係にあればよい(シール談合)
   ・どこまで広げられるか?
   (有力説)共同行為の実現に寄与していればよい。(自己の事業活動の制限をもってその実現に寄与する者も不当な取引制限の当事者たりうる)
        「不可欠な」当事者であれば実質的競争関係にあるとすることができる。

・四国ロードサービス
 一方的拘束(専ら特定の事業者のみ利益)の場合は、「共同遂行」とすべき(勘所P163)
一方的に見える契約・内容でも
 合意内容を遵守しあう関係がある以上、拘束の相互性が認められる(百P55)
  or
 他の市場における見返りとの間に拘束の相互性が認められる(百P57)
 (「四国ロードサービスは中国支社の入札に参加しないという拘束を受ける」)
 とするのが無難か。
←勘所P164は検討対象市場とは関係ないものまで相互拘束の根拠とすべきでない とするが、、、

3D映画 アリス
先日、「アリス・イン・ワンダーランド」を映画館で観ました!

☆1つ
 主な理由は、下記「アリスの話」のところで。

話題の3Dでの鑑賞。

3Dは将来どんどんよくなるでしょうね~。
現在はまだ開発段階でしょうから、文句の付けようはたくさんあります。が、試行錯誤がなくては進歩はない!
ますますの発展を期待します。

ただ、デジタル3Dの映画鑑賞料は、通常料金の300円増しってのがイケスカない。
3D分、良い映像が観られるなら、300円増しは許せる。
が、試行錯誤段階の、しかも、必ずしも良くはない物を客に観させて(あくまで主観ですが)、今後の発展のために情報収集するという目的があるんでしょうから、むしろ300円引きで見せるべきだっ!!

ま、今回に関しては3Dを体験できたということで、それだけで+300円分の価値はありました。
今後は、現段階よりもっと改良されるまで、3Dの映画は観ないと思います。(どうしても観たいものがあったら別)

あと、3Dはそれ用のメガネを装着するのですが、普段からメガネをかけている人は、その上に3D用のメガネをかけなきゃいけないので、かなり煩わしいです。多少その辺りも気にしている構造ではありましたが、もっと改良して欲しい。


そして、アリスの話。
人の外見を非難・嘲笑の対象とするところは許せない。
しかも「救い」がない。
ディズニーだよね?ディズニーっていってもこんなもんなのか。と非常にがっかりしました。


『努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る』 井上やすし

という言葉を頭に置いていましたが、不満を語ってしまいました。
ま、自分に努力が足りないということでしょーがない☆



テーマ:最近見た映画
ジャンル:映画

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」4
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」4
(不当な取引制限1/3)


◇不当な取引制限(2条6項)―当事者の複数性が要件
 3条後段が禁止する不当な取引制限(2Ⅵ)の要件は、①事業者が、②共同して、③相互拘束・共同遂行することで、④公共の利益に反し、⑤一定の取引分野(市場)における実質的に競争を制限すること(競争の実質的制限)である。
ア 事業者(2Ⅰ)とは、何らかの経済的利益の供給に対応し反対給付を反復継続して受ける経済活動を行う者いい、その主体の法的性格は問わない。
イ 「共同して」いえるためには、行為者間に何らかの意思の連絡があることが必要である
  意思の連絡があることで、個別の行為の束と区別することができる。
意思の連絡は、相互に他の事業者の対価の引き上げ行為を認識して、暗黙のうちに認容することで足りると解するのが相当である(東芝ケミカル・百21)。
ウ 要件③の共同遂行は独立の要件ではないと解する。
∵「遂行」は拘束の意味を補完し把握の対象を漏らさないようにするための従属的な観念だから(=拘束の周縁に過ぎないから)。
そして、相互拘束が認められるためには、(a)拘束の相互性、及び、(b)目的の共通性が必要である。
→「拘束の共通性」は不要
  ・(b)目的の共通性の例:特定の事業者の排除
エ 公共の利益とは、自由競争を上回る、独禁法の究極目的である一般消費者の利益が認められることをいう。顧客を奪うことの防止はこれに当たらないし、他に公共の利益に反しない事情はない。
オ(ア)一定の取引分野(市場)の画定
      ↓
 (イ)当該行為が市場における「競争を実質的に制限する」か

 * 一定の取引分野(市場)とは、共同行為が対象としている取引およびそれにより影響を受ける範囲を意味し、主として取引の対象(商品・役務)、地理的範囲、取引の相手方を指標として決定される。そして、基本的には、需要者にとっての代替性という観点から判断され、必要に応じて供給者にとっての代替性からも判断する。


・重層的に成立することもあるし、取引段階、特定の取引の相手方等その他の要素についても一定の取引分野が確定される。
・同じ商品でも、販売方法や販売経路によって特定の顧客が他から区別され、当該顧客に対して取引を失うことなく価格引き上げが可能な場合には、当該顧客のみをもって、一定の取引分野が認定されうる。
(例:百3石油入札価格協定事件・石油製品の販売→一般需要者向け販売と大口需要者向け直接販売。相手方の違いに応じて、販売経路の違いや、価格や取引相手の決定方法の違いが存在したため)。
 ・一つの行為で(と見えるときでも)複数の市場に影響があることがある。そのときは別々に検討する(競争の実質的制限も)
  例)新試H21 部品の共同購入
   →部品購入市場 と それを使った商品Xの販売市場
   (共同購入する際の前提としてXの製品価格の上限を決定していたことについては、商品Xの販売市場についての価格カルテルと見ることも可能)

 * 競争の実質的制限とは、競争自体が減少して、特定の事業者又は事業者集団がその意思である程度自由に価格、品質、数量、その他各般の条件を左右することによって、市場を支配することができる状態をもたらすこと。
 (短縮系)競争の実質的制限とは、市場支配力を形成、維持、または強化すること。

・ハードコアカルテルとは、競争制限のみを目的とし、あるいは客観的に反競争効果が明白で、しかも、これを補うような競争促進効果ないし正当化事由を持ちえないことが外見上明らかなカルテル。
→価格・数量への効果が直接的
例:価格カルテル、数量制限カルテル、取引先制限カルテル、市場分割カルテル、入札談合

・非ハードコアカルテルとは、コスト削減や産出向上等効率性の適法な実現を目的とし、そのために必要で合理的な事業者間での協力行為や取決めを典型とするもの。
→価格・数量への効果が間接的
例:共同研究開発、規格化・標準化、共同生産・共同販売・共同購入、情報交換活動、社会的目的の共同行為(環境保護、安全性確保、リサイクルなど)
 (金井P35~)

やる気がみなぎってる
昨日の記事に「やばい。7年ぶりくらいにやる気しかない(笑)」って書いたのですが、そんな感じなんです。

多分、長年の勉強生活から解放されたからです。

本が無性に読みたくてたまらない。
読むスピードがこれまでになく早い。(なぜ法律の本を読んでるときにこの感覚が来なかったのか・・・)
もちろん読んでる本が分かりやすく、読みやすいものばかりなんですが、それでもめちゃくちゃ楽しく、どんどん読める。

アルバイトも楽しい。
色々アイディアが浮かんでくる。それが実現できるか、採用されるか、求められているか、は怪しいもんですが、考えること自体が楽しくて仕方がない。
実践する心の準備はできている。


この感覚は大学3年生くらいぶりな気がします。
その頃は、
ボランティア(というか遊びというか)のためにインドネシアに行きまくったり、そのお金稼ぐためにバイトしまくったり。
自分を少しでも高めるためにいろんな本を読みあさったり。
いろんなことを妄想して、自分なりに「これだ!!」って思ったのは、手当たり次第に人に伝えたり。
日産自動車に飲酒運転防止の案を突然メールしたのも正にこの頃。(「これについてはコチラ」)
初めてのゼミで先輩や先生にタテツイタのもその頃。(後に先輩や先生と仲良くなりました☆教授とは帰りの方向が一緒だったので、いつからか教授の帰りの運転手もしばらくしてたし☆)
「ついて来ないと置いて行くよ?!」ってな感覚でした(誰もついてこようとしてなかったけど(笑))。
(この頃やり忘れたのは、法律の勉強。法学部生だったのにね。)


とにかくその頃以来のこの感覚。
大事にしたいものです。

どうせ、いつかはまた鈍るんだろうから、今のうちに動き回りたいと思います☆

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」3
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」3(私的独占2/2)+排除措置について

・競争の実質的制限(不当な取引制限も企結も含め一般的に)
   +(の方向)                -(の方向)
シェア、市場集中度が高い      競争者の供給余力・インセンティブが
                     大きい
商品がブランド化されている        輸入や新規参入が予想される
地理的に差別化されている         (参入障壁が低い)

  ・ブランド化や地理的な差別化
   密接な競争の消滅が市場に大きな影響を有することになる。
・ブランド化により差別されていると、商品の代替性が低いこととなり、低いシェアでも競争制限効果が出やすい
   ・地理的に差別されていると、他の地域に有力な競争者がいても当該地域に影響が低く、競争制限効果が出やすい(有楽町の映画館(百5・東宝・スバル事件))

 *私的独占の実質的競争制限は、事業者又は事業者集団が、自らの市場支配的地位を維持・強化するために、新規参入を妨害したり既存の事業者を市場から排除することによっても生じる(=市場の開放性を奪う場合)。
アP83 ぱちんこ機メーカー事件、有線ブロードバンド事件
  
  ・排除型私的独占として取り上げられるケースのほとんどは、すでに存在する市場支配的状態を「維持」または「強化」する場合
  ・排除型私的独占の実質的競争制限のところで効率性も考慮
(今までは企業結合ガイドラインでは言われていたが、排除型私的独占でこのように言われたのは重要by根岸先生 改正独禁法P10)
  ・あと、消費者利益の確保に関する特段の事情(例:安全、健康、その他の理由などの社会的利益)があれば、(公共の利益のところではなく)競争を実質的に制限しても最終的には競争の実質的制限とならないことがあるとも示された。

◆要件③ 他の事業者の事業活動を「排除」または「支配」することにより
・私的独占の「支配」は経済上の不利益措置又は脅しは必要ではないことが重要。したがって、相手方に対する優越的な立場を利用して、事実上相手方の決定の自由を失わせている場合でも「支配」に該当することになる。
不公正な取引方法2Ⅸ④・一般指定12項の「拘束」は経済上何らかの不利益(又は利益)を伴うことにより現実にその実効性が確保されていることが必要。
(旧百P21)

・排除行為とは、他の事業活動の継続を困難にさせる蓋然性が認められれば排除に該当し、市場から完全に駆逐する必要がないものとされる(ガイドライン原案第2-1(1))
・排除される「事業活動」について
問題となる一定の取引分野におけるものであり、他の取引分野における事業活動が継続しているからといって排除に該当しないわけではない。さまざまな事業を営む大企業に対する行為であっても、その一部門の事業活動の継続や参入を困難にするものであれば排除に該当しうる。
 (改正独禁法P45)

・間接支配の例
野田醤油事件・百18
  野田醤油(現キッコーマン)の再販維持行為がそれ自体支配に該当するだけでなく、同時に競争事業者(ヒゲタ、ヤマサ、マルキン)の事業活動を支配する(=間接支配)手段として意味をもった。


【重要】
正当な競争行為と、私的独占を構成する「排除」(要件③)との区別は難しい。
 ・私的独占の「排除」は、人為的・反競争的な方法で行われる排除行為に限られる。
 ・当該行為が不公正な取引方法に該当する場合には、不当な「排除」である(問題なし)。
 ・当該行為の内容に関する客観的認定とともに、当該行為の目的に関する主観的な意図が取り上げられることもある。
  ex)乗っ取ろうとする意図
     事業活動の継続を困難にしようという意図
 →行為の内容・方法を具体的に検討して評価する。
  他者の行為が介在したときは、どちらの行為により排除効果が生じたか(因果関係)をチェック(百P37)
  例:百17パラマウントベッド事件では、P社の働きかけはノーマルな営業活動ともみえるし、また、都の権原行使が介在している。P社の働きかけが「排除」行為といえるかを具体的に検討する。
本件ではだますという契機を含んだ意図的・計画的な情報操作により入札担当者(都の職員)の意思決定を歪曲する行為は人為的な排除といえる。また、当該仕様書による入札がなされたのは、P社による働きかけによって入札担当者の意思が歪曲されたのだから因果関係も認められる。

*私的独占の支配行為または排除行為が同時に不公正な取引方法を構成する場合
 原告は、裁判上、私的独占に当たる行為を不公正な取引方法と構成し、これによって自己の利益を侵害され、著しい損害を生じていると主張して、差止を請求することができる(24条)。

*私的独占か株式所有制限か?(百P35)
 株式所有規制は、株式取得時点で市場支配(一定の取引分野における競争の実質的制限)をもたらす蓋然性があれば規制でき、私的独占の予防規定的な性格がある。そのため、支配行為及び市場支配が現に存在する場合は私的独占として規制するのが適当。

◆私的独占の規制
①規制の体系
3条前段
②執行・実現
  排除措置(7条)
  課徴金(7条の2第2項(「支配」)、7条の2第4項(「排除」))
  刑事罰(89条)
  損害賠償(25条、民法709)

◆排除措置
*排除措置の内容は、違反行為がない場合と同一の状態を作り出すことが中心となる。
*すでになくなっている違反行為に対しては、公正取引委員会が「特に必要があると認めるとき」に限り、排除措置命令を行うことができる。
・「特に必要があると認めるとき」については、競争政策について専門的知見を有する公取の専門的な裁量によって判断される。(その判断が合理性を欠き、裁量権の逸脱又は濫用があったといえるときは違法とされる。)
  当該違反が繰り返されるおそれがあるときは「特に必要があると認めるとき」といえる。

【読書日記】もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
やばい。7年ぶりくらいにやる気しかない(笑)
試験から解放されたからか?!
このことについてはまた明日の記事にでもしよう。。。


今日、サクッと下記の本を読みました!

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海 (著)

☆7つ
こういうテーマを選んだ著者の着眼が素晴らしい!!
中身にも満足です。

内容は、タイトルそのままです。
一人の女子マネジャー(=マネージャー)がドラッカーの「マネジメント」を高校野球に活かすというもの。

この本について
「ストーリー展開が悪い」とか
「文章が悪い」とか
そんなこという人がいるなら、その人は分かってない(と思う)。

著者の着眼点は誰にもマネできない、いわゆるコロンブスの卵的な発想から生まれたもので、ストーリー性とか文章とかは二の次なんだと、私は思っています。
(小説で伝えるというアイディアは会計士の山田真哉さんの手法と一緒ですが、そんなことは全く問題ないでしょう。)

たしかに上手くいきすぎ。でも小説だからOK!しかも小説を楽しませるよりも小説を通じてドラッカーの考え方のエッセンスを伝えることが目的だろうし。

これを本当に女子マネジャーがやろうとすると大変だろうな。
女子マネジャー以外でも、実際の組織で実践するなら、
ドラッカーの考えの意味を真に理解する
 or
悩みつつ、またドラッカーに戻る。他の本・自らの経験などを総動員して応用する
ってこと感じでないとダメかも。
もし上辺だけで実践しようとすると、失望と無駄しか生まないだろうし。
できることから、コツコツやっていくのが大事な気がします。
そういうことを考えると、この主人公の手法は現実でも応用可能な気がします。

ウチのまみちゃんがドラッカー読んでたらどうだったんだろうな~?
甲子園行けたかな~??(笑)


グッと来た、もしくはハッとした文章をご紹介>
・自らのアウトプットが他の者のインプットにならないかぎり、成果はあがらない。
 →ブログの記事も(特に知識系の記事)、誰かの血肉にならないものなら意味がない。少しでもそうなるように努力せねば。

・成長には準備が必要である。
→私の好きな本である「中国古典の言行録」にある『難に臨みて、にわかに兵を鋳る(いる)』(by晏子春秋)と同じ意味ですね。こういうの読んで上記本の素晴らしさを改めて認識。ドラッカーを先に読んだか、その本を先に読んだかの違いかもしれませんが。その本についてはコチラ参照。

・「消費者運動はマーケティングにとって恥である。」「結局のところマーケティングが実践されてこなかったということである。

・「成果とは何かを理解しなければならない。成果とは百発百中のことではない。百発百中は曲芸である」
 「人は優れているほど多くのまちがいをおかす。優れているほど新しいことを試みる」


・規模の不適切さは、トップマネジメントの直面する問題のうちもっとも困難である。自然に解決される問題ではない。



ドラッカーについての本は読みたい読みたいと思いつつ、これまで読んでいませんでした。
本当にイイきっかけを作ってくれました。
早速、ドラッカーの本を買いました。
サクッとは読めないかもしれませんが、早いうちに読んでみようと思います。
そのせいで、こないだ買った&読み始めた歴史系の本はしばらく放置することになりそうです。



ネタ本。そして買った本



テーマ:楽しい勉強
ジャンル:本・雑誌

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」2
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」2(私的独占1/2)


◇私的独占(2条5項)
 3条前段が禁止する私的独占(2Ⅴ)の要件は、①事業者が、②単独または他の事業者とともに(結合、通謀等)、③他の事業者の事業活動を「排除」または「支配」することにより、④公共の利益に反して、⑤一定の取引分野(市場)における競争を実質的に制限すること(競争の実質的制限)である。
ア 事業者(2Ⅰ)とは、何らかの経済的利益の供給に対応し反対給付を反復継続して受ける経済活動を行う者いい、その主体の法的性格は問わない。
 ・行為者は競争制限が生ずる市場で活動している必要はない(旧百P27)
イ (単独のときは、要件②はアの中で書くことに)
ウ 「排除」とは、他の事業者の事業活動の継続を困難にし、又は新規参入を困難にすること(そして、何らかの人為性があるもの)。
   ・『他の事業者』とは、取引分野において競争関係にある者(百P35)

  「支配」とは、他の事業者の意思決定を行為者の意思に従って行わせること
   ・支配には間接支配も含む(イメージは間接正犯)
   ∵文言上、直接支配だけに限定されていない。
    直接支配だけに限定すると、規制の抜け穴を作ることとなり、法の趣旨に反する
   (百P39)
  
   ・(排除のときと違い)『他の事業者』とは、競争者でなくても良い。
   ex)パラマウントベッド事件(百17)は販売業者を支配。(+他の医療用ベッドの製造業者の事業活動を排除)
      東洋製缶(百16)は競争者を支配。(+缶詰め製造業者の自家製缶の事業活動を排除)

  ・支配と排除の両方があるときは、まとめて検討する(参考:日本医療食協会・百15)

エ 公共の利益とは、自由競争を上回る、独禁法の究極目的である一般消費者の利益が認められることをいう。(たとえば、環境保護や安全性確保、行政法規遵守、独禁法違反への対抗措置、社会通念上の公正さ・・・)
ex)本件では、○○ということを目的としており、公共の利益に適合する事情は認められない。

オ(ア)一定の取引分野(市場)の画定
      ↓
 (イ)当該行為が市場における「競争を実質的に制限する」か

 * 一定の取引分野(市場)とは、事業者により競争が展開される一定の場を意味し、主として取引の対象(商品・役務)、地理的範囲、取引の相手方を指標として決定される。
  そして、基本的には、需要者にとっての代替性という観点から判断され、必要に応じて供給者にとっての代替性からも判断する。

 * 競争の実質的制限とは、競争自体が減少して、特定の事業者又は事業者集団がその意思である程度自由に価格、品質、数量、その他各般の条件を左右することによって、市場を支配することができる状態を形成・維持・強化すること。
 (短縮系)競争の実質的制限とは、市場支配力を形成、維持、または強化すること。

*競争の実質的制限の判断方法
価格支配力を中心として判断。
  まず、①市場シェアと②市場集中度(代替的取引先が多く存在するか)が立証の出発点。
  ①②のバランス+代替的な取引先の事情。
  ①=大、②=大 だと○(制限あり)とされることが多いが、×となることも。
  ex)数少ない競争者の供給余力が大きいときや、有力な事業者により輸入されることが予想されるとき
 競争者の存在・対応は、この判断に当たって極めて重要。

【読書日記】世界一感動する会計の本です
とある法律事務所でアルバイトをするに当たって、少しでもそこに貢献できればと思って、家にあった簿記・経理についての超入門書を読みました。

その本は、

<女子大生会計士の事件簿>
世界一感動する会計の本です[簿記・経理入門]
  山田真哉(日本実業出版社)

☆7つ
読んで良かった。今後も山田さんの作品は読むと思うので、期待を込めて☆7つ止まり。超入門書だし。

「さおだけ屋~」など分かりやすい会計関係の本を書くことで有名な山田真哉さんの著作。

やっぱり分かりやすかった。
小説形式で、会計を基礎の基礎から解き明かしています。
物語は、ルカくんとレオンくんという二人の少年が「たまご屋」さんをはじめ、そのお店のために帳簿を付けるというもの。
ストーリー性もあって面白いと思います。

これだけで、「会計が分かった!!」なんてことはありえませんが、少なくとも原則的な思考方法や複式簿記の記入の仕方についてうっすら分かったような気がします。

会計について理解したい人は、一番最初に読む本としてはこれが良いのではないでしょうか?
数時間で読めると思います。
文字は大きいし、ページ数はそれほど多くないし。

新しい知識は山ほど
・「簿記」とは、帳簿記入の略。
・帳簿の仕事の流れは、<領収書集め→仕訳→元帳→総勘定元帳→試算表→決算書>の順に流れていく
・仕訳とは、一つの出来事について2つの情報を記録すること
・借方、貸方とは、借りる人、貸す人について記入する欄のこと
などなどなど。


司法試験受験生も読むと良いと思います。
大変不勉強なところを披露しますが、私は、「損益計算書」と「貸借対照表」の役割の違いが分かってないまま、会社法の計算の勉強をしていたことに気付きました。

「損益計算書」は<今のため>に経営成績を見るもの。
「貸借対象表」は<将来のため>に財政状態を見るもの。

これがなぜか?を一言で説明しようと思ったのですが、小説の流れを一言でまとめる力量はまだついてませんでした・・・

1回読んで、もう1回目を通したのですが、これだけではダメですね。(当たり前!)
ここから、他の会計本に手を出して行きたいと思っています。



今、アマゾンで調べたところ、リニューアル版が出ているそうです。
もし購入される方、検討される方は↓へ。




テーマ:楽しい勉強
ジャンル:本・雑誌

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」1
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」1(総論的なもの)

*独禁法的事実(独禁法上意味のある事実、重要な事実)
・要件を念頭に置いて、問題文を見る。
(たとえば)
・コスト割れかどうか
・事業活動を困難にするか
・相手の価格よりも高いか
・権利侵害・損害を念頭に置きながら個別調整を認定できるか
  アウトサイダーの存在をどう見るか。協力を要請したのか。協力に応じたのか。


*独禁法の目的
 独禁法の直接の保護利益は、自由競争経済秩序にあるが、究極の目的は一般消費者の利益を確保するとともに、国民経済の民主的で健全な発達を促進することにある。

 cf)反トラスト法の目的は、経済目的に加えて、社会的目的(小規模事業者の保護)、政治的目的(政治・経済的権力の分散)も存在するとされてきた。

*事業者の意義(2Ⅰ)
 事業者とは、何らかの経済的利益の供給に対応し反対給付を反復継続して受ける経済活動を行う者いい、その主体の法的性格は問わない。

*事業者団体の意義(2Ⅱ)→医師会
 事業者団体とは、事業者としての共通の利益の増進を主たる目的とする、事業者の結合体または連合体である(2Ⅱ)。事業者とは、何らかの経済的利益の供給に対応し反対給付を反復継続して受ける経済活動を行う者いい、その主体の法的性格は問わない。事業者としての共通の利益とは、事業者が事業活動を行う上での利益(であり、その利益が2以上の事業者にとって共通であれば足り、その法的形態は関係ない)。
医師は、医療サービスを提供することで対価を反復継続して受けるという経済活動を行う者といえるため、事業者である。そして、医師会は、医師の結合体である。さらに、医師会は、業務上必要な知識・情報を提供するという目的を有しており、その目的は事業者である医師が業務を行う上で利益となる。
したがって、医師会は事業者団体であるということができる。

・結合体―事業者の集まり
 連合体―結合体の集まり

*一定の取引分野
 一定の取引分野(市場)とは、事業者により競争が展開される一定の場を意味し、主として取引の対象(商品・役務)、地理的範囲、取引の相手方を指標として決定される。

*公共の利益の要件は、他の行為要件が満たされたことを確認した後に、検討する。
(イメージは違法性阻却事由)
 判断枠組みは、目的手段審査(目的が正当か・合理的か、手段が相当か、目的と手段の均衡がとれているか(比例性))

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」番外編2(勉強方法)
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」番外編2(勉強方法)

自分なりのおすすめ勉強法と教材、問題演習をちょこっと紹介。
 *アマゾンのリンクは2013年6月27日時点で最新のものだと思います。

1 勉強方法

(1)薄い教科書→百選

どの科目についても同じなんですが、独禁法も薄い教科書→百選が鉄板だと思います!
初学者から受験を控える人まで全ての人におすすめです。
分厚い基本書やガイドラインは必要に応じて参照にすれば良いくらいかと。
しかも、大事なガイドラインについては、百選の解説やアルマにも引用されていますし。
他の科目もあるから時間に余裕ないですし。

ってことで、

①薄い基本書(おススメはアルマ)で2回くらい通読(サクッと)。条文はなるべく引きましょう。数も少ないし。
②百選読みながら、どの条文使うか考える。
③判旨・解説を読む。だいたいのことは百選の解説に書いてあります。(はっきりいって今回の百選は素晴らしい出来だと思います。主観ですが)。
④百選読んでて分からないところはアルマをまず確認。それでも分からなければ、手持ちの分厚めの基本書を!
あとは②以下の繰り返し。繰り返す際には問題演習も適度に混ぜると良いと思います(その素材は3で)。

あと、私と違って、現役生の時から経済法にしっかり取り組もうとする人は、授業をしっかり利用して下さい。
教科書に載っていない説明を聞く機会は、卒業してしまうとなくなります。また、近くに質問ができる&正誤を判断して頂ける先生がいることは貴重です。
現役生は、授業とは別に薄い基本書をサクッと通読し、授業に合わせた予習(該当箇所の読むこと、判例・審決例を読むことなど)をしていくと良いと思います。


(2)まとめのすすめ+意識

そして、もうひとつ大事なことは、

試験2週間前から、それだけを見れば良いっていうまとめを作ること!!
私みたいに自前で作る必要は必ずしもない。
出来合いのものに書きこんだり、不要部分は削除したり、分かりやすいように修正したりすればOK!!

もし自力でまとめを作るなら、まずは骨格だけ(条文、趣旨、定義、一言の理由(思いつかなければ保留でOK)でとにかく作るのが良いと思います。
最初から『あれもこれも』とやってしまうと時間がかかり過ぎて、結局全体に渡って作れなくなります。
全体の骨格ができてから、肉付け(論点、判例など)をしていけば良いと思います。

短時間で見直せるものがあるだけで、試験前に多少は落ち着きます。


とにかく、全ての勉強は試験2週間前からの勉強に向けてするように意識する。
分厚い基本書とか細かい論文読んでも、(私のような凡人の場合)記憶は薄れますのでご注意を。もし、そういうの読むときは、2・3行のメモだけでも良いんで、勉強の形跡を残しましょう!!

2 教材

①アルマ経済法(有斐閣アルマ)岸井大太郎ら
 →アルマに勝てるパフォーマンス力を備えた本を私は知りません。分厚い基本書読んで忘れるよりはサクッとアルマを!

②経済法判例・審決百選
 →解説がかなり良いです。完全に新司法試験科目になったことを意識しています。いくつか分かりにくいのもありましたが、少ないように感じました。
  そして、「はしがき」に書いてある編集者(舟田・金井・泉水)の編集方針にはグッと来ました。 
  『読者が知るべき論点は可能な限り網羅的に』『初学者にも本書を読めばそれぞれの論点が十分に理解できるように』『基礎的な論点が漏れることがないように』byはしがき

 

 以上2冊がおすすめです。

 あとの分からないとき用の分厚目の基本書などは、ローの先生や先輩がすすめるものの中から各自で選べば良いと思います。

 いちおう自分がよく使ったものを載せておきます。
・「独占禁止法」金井貴嗣ら(弘文堂)
・「独占禁止法」白石忠志
・「独禁法事例の勘所」(法学教室Library)白石忠志
 この3冊くらいですね。

  


3 問題演習

①新試過去問
→すでにかなりの数があります。必ずやりましょう。特に新しい年であればある程やった方が良いと思います。
②法学教室の連載(3・4年前?)
→10回分くらいありました。図書館などでコピーしたりすると良いと思います。演習が少ない経済法にとっては貴重です。
③演習ノート経済法
→事例+解説が2・3ページでまとまってます。自分はやってためになったと思いました。

①以外は、余裕があるひとだけやれば良いと思います。
それよりも大事な問題演習というか訓練方法は、百選読むときにどの条文で構成するか、なぜ他の条文ではダメかを考える!!ということ。

百選での勉強は、判例・審決例を抑えられる上に、問題演習代わりにもなります。
百選の解説には、「他の条文ではどうか?」ということについて、かなり言及がありますので、それを使って答え合わせをして下さい。





勉強方法、教材選びなどに正解はありませんが、参考までに。

Taku miyakawa(Deep Fried Starfish)
今日は、ネットで新しい&懐かしい発見!!

Taku miyakawa(Deep Fried Starfish)
(タク ミヤカワ)

知ってますか?ふつーは知りませんよね?でも知って下さい!

彼はかつてlaica breeze というユニットの一員としてソニーミュージックからデビューしていました。
そのライカが活動休止になり、音楽活動自体も休止していたと風の噂で聞いていました。

しかし、今日、ネットをフラフラしていたら、奇跡的に発見!!
元気そうでなによりです。涙が出そうに。
発見場所→http://takumiyakawa.com/

プロフィールを下に載せておきますが、出身地が私と一緒。
生まれた年も一緒。
そうなんです。同級生です!!
小学校、中学校が一緒で、高校は違うとこいって、大学で学部までまた一緒に!
ま、自分は浪人したんで、大学は1年後輩となりましたが(笑)
しかも、当時彼と私が住んでた家は歩いて5歩の距離!!

彼は昔からめちゃくちゃ歌が上手くてね~、女の子にももてててね~(イライラするw)

そんなことはともかく復活したことに凄まじいほどの感動が!!

〔こんくらいのプライバシーって平気なんだろうか?ダメなら関係者の方、コメントして下さい!速効修正します。]


そして彼の楽曲!

◇laica breeze時代


①roud da world

 これが一番好き。
 ニコニコ動画でベスト盤としてアップされています。その25分12秒辺りから始まる曲です!是非1回聞いてみてください!



この〔動画の説明]が、
>ようこそ地底深くへ。知り合い100人に聞いて100人が知らないという絶望的な知名度の彼らですが、良曲がたくさん。知らないやつはとりあえず聞けや(#゚Д゚)ゴルァ!!

ってなってて笑えましたw

ちなみにほかにも良い曲がたくさん入ってます(身内びいき的でなく。)

②STANDING STILL [winter fall RE-calling]

この曲はL'Arc~en~Cielの「winter fall」をアレンジしたもの。youtubeで。


③C.C.A (carnival comes around)

The Cardigans「Carnivalのアレンジしたもの。PVがなかなか良いと思います。歌ってるタクの姿を見るのはなんか恥ずかしいです(笑)



◇Taku miyakawa(Deep Fried Starfish)
彼の現在の楽曲はココで聞けます♪

ネットラジオ(?)を横浜関内ホールの横の「small peace Studio」で撮っているようです。
パソコンからは「Stickam JAPAN!」というインターネット放送局にアクセス!
その様子はコチラから探して下さい。

現在(2010.5.19)の最新動画は、コチラへ!!


今の音楽業界は、なかなか「成功!」を収めるのが、かつてよりもずっと難しくなってると思います。
何をもって成功とするか自体も難しいですが、CDが非常に売れにくくなっているのはたしかです。
そういう状況ではありますが、音楽が日々の生活にとって、非常に重要な役割(勇気付けたり、感動させたり、叱咤したりなどなど)を持ち続けることは変わりないと思います。
とにかく彼がイキイキと音楽活動を続けれるよう願ってやみません。


Taku miyakawaのプロフィール
>1981年生まれ 神奈川県藤沢出身
14歳の頃から音楽を始め、大学在学中に2人組ユニットSSS-productionを結成。
2004年にlaica breeze と改名、mc bliezeとしてフロントを務める。
2年間の活動の後、2006年に活動を中止する。その後、個人での活動拠点を東京から神奈川に移し、
Deep Fried Starfish として音楽活動を続ける傍ら、サウンドデザイナーとしてテレビ・映画・CM等の選曲・音効効果をも手がける。
2007年夏に 1stアルバム「STRANGER THAN PARADISE」、09年春に 2stアルバム「Shine」を発表。
現在 iTunes Store にて好評配信中。
2009年、Kujira noise label の立ち上げとともに、レーベル第一弾アーティストとして活動を本格化。
現在、関内ホール横【small peace studio】にて、音楽を中心とする情報ラジオ番組『Yokohama Small Radio』(毎週土曜日14:00~ 公開生放送)にて MCタクミヤカワとしてパーソナリティを担当。
「Stickam JAPAN!」にて放映中。
http://takumiyakawa.com/


テーマ:おすすめ音楽♪
ジャンル:音楽

「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」番外編1(はじめに)
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」番外編1(はじめに)


誰からも頼まれていませんが、
「経済法(独占禁止法)論証っていうかまとめ」
っていう記事の連載を始めようと思います。

多分1日1本あげていきます。
明日の記事は「勉強方法・基本書・問題演習」についてなので、明後日から「まとめ」をあげていきます。
「経済法論証っていうかまとめ 」というカテゴリーに入ります。全26回。計1カ月に渡って上げていきます。
(もし、早急に欲しいという奇特な方がいましたら、suisui2*gmail.com(*を@に変えて下さい)までメールを下さい。チェックし忘れているようでしたらコメントを残して下さると助かります。)


自分はもう受験制限を使い果たした身ではありますが、
これが経済法選択の新司法受験生の誰かのお役に立てれば光栄です。


まずは、自分の独禁法の知識レベルをなんとなくご紹介。

ローで授業は取りました。が、試験がなくレポートだったこともあり、全く知識が身につきませんでした(というか不勉強でした)。

そして、1回目の受験では、経済法の得点が22点!!というありえね~点数を(笑)
素点で25点はあったのだろうか、科目足切りにはなりませんでしたが。。。
理由は大きく2つかありまして、
1つ目は、「1回目は択一通ればイイや」と思い(今思うともったいなすぎる考え)、択一に結びつかない独禁法を疎かに。
2つ目は、本番で、「①案ないし③案を比較しつつ,独禁法上の問題点とその考え方を論じ,最大の利益が確保でき,かつ独占禁止法に抵触しないような案を示しなさい。」(H20年度1問目)っていう問題を見て固まりました。
①~③の比較ならまだしも、「最大の利益を確保できる案を示せ??全然イイ案が思いつかん!!」みたいに混乱してたら、時間切れ。第1問について設問2から先に書き、結局設問1は、3行くらいしか書いてない気がします。どっかで50点以上の答案を見ましたが、「よって、②が良い」みたいに書いてあって『そりゃなしだろ。。。』って思った記憶が。今思うと、最低限その処理をして、何か思いつけば「②にこのような条件を付加する」みたいにすればよかったなと。

そんなこんなでスゴイ点数取ったんで、心を入れ替えて勉強せねば!と。

自分は2回目の受験に向けた勉強中に、演習ノート「経済法」(法学書院)を買い、その問題を全部やって、それに出てくるテーマ毎のまとめを作りました。
そのまとめの目的は「必要最小限で合格点を!!」というもの。

構成要件、要件ごとの定義をひたすらまとめました。
そこに出てくる論点くらいは、まとめに書いていた気がしますが、完全に不十分なものでした。
が、とにかく上記目的を意識して簡単なまとめを。
今、当時の勉強記録を読み返してみたら「1月19日~25日」までの短期間で骨格を作ったようです。
演習ノート以外に、横に置いていたのはアルマだけです。目的が上記のものなんで。

この1週間以外にはもう1週間くらい使った気がします。
そんときは百選もちょっとは読んだ気が。全部は間違いなく読んでいません。

それを手に受けた第2回の新司法試験での得点は50点!!
前がひどかったのもありましたが、ほぼ30点上がりました!
目標は十分達成です(なんで受かってないかは聞かないでください(笑))


そして、今回の受験に向けては、そのまとめを改良し続けました。
使った本はアルマ、百選、勘所、金井らの独占禁止法とか。
通読したのは、4月26日に発売された新百選だけです(それも97くらいまでですが)。
ほかのは疑問がある度に参照してました。

その改良作業は、4月26日から1週間かけた新百選の通読と同時に一応の完成を迎えましたが、試験中の中日や当日の朝にも書きこんだりしていたため、本当の完成は試験30分前です。

写真を載せます。完全手作りです。ちょっと暗いですがこんな感じです。
DVC00034_convert_20100517200404.jpg

試験ギリギリまでの書きこみを打ち直してみました。

まとめについてはこのカテゴリーの記事の次次回から定期的にアップしていきます。


ちなみに今回(平成22年度)の問題については、設問2はできた気がする(完全な主観)。
設問1は構成迷った。時間がなくなった上にグダったので答案構成を試験委員に見てほしい(涙)

ちなみに設問1は、排他条件付取引は違法、排除型私的独占はサクッと切りました。

不公正な取引方法については、排他条件付取引と単独間接の取引拒絶と取引妨害で迷いました。特に取引拒絶。『相手方が「特定のE社」だったから、取引拒絶の方が良いかな~』『でも、実際に対策が実施されてもE社が拒絶されるか分からないしな~』『「拒絶されることとなる」とか書いて取引拒絶の方が良いかな~』と散々迷いました。せめて、その迷いを書けばよかった。でも上手くまとめる能力も時間もなかったです。
あと私的独占の方では、
①市場をアクセサリー全体の販売市場とする。競争制限なし。
②仮に本件アクセサリー販売市場としても、BCDという有力な競争者がいるため、競争制限なし。
って書きたかったのですが、時間がなくて①止まり。無念。
ちなみに書いたのは設問2が先です。
当日の私は、「まず設問1と設問2の両方を構成。1がよくまとまらなかったんで、2から書き始める。1をもう1回悩む。書ききれなくなりそうだから、とりあえず書く!」って感じでした。

*追記(5月19日夜)
きっかわ法律事務所のホームページで今年の経済法についての検討が公開されました。
是非チェックを。
今年についての記事に直接行くのならコチラから。
トップページへはコチラから。
ちなみにこちらのホームページでは、毎年の経済法についての解答例を「独禁法つれづれ草」というコーナーの中で、根岸哲先生(甲南大学法科大学院教授)がご担当されていますので、こちらもあわせてご覧下さい。


*最後に大事なお知らせ
 あくまで、私が作ったものなので、間違いがある可能性があります。
 もし使われる方がいましたら、あくまで踏み台とするということにして下さい。
 引用元・参考にしたものについてなるべく書き残すようにしてみたんで(不完全ですが)、少しでも疑問があれば自分で確認をとることをお忘れなく。
 間違いがあったら報告して頂けると大変ありがたい。

【「まとめ」中に使う引用略例】
  百 →経済法判例・審決百選
  旧百→独禁法審決・判例百選 (第6版)
  ア →アルマ第5版
  金井→独占禁止法(2版)金井貴嗣、川濱昇、泉水文雄
  勘所→独禁法事例の勘所 (初版)
  改正独禁法→改正独禁法の実務対応(中央経済社)

 アルマについては5版(補訂版ですらない)、勘所は初版、金井は2版だったんで、それぞれ新しいのをお持ちの方は少々気を付けて下さい。

*まとめを作るにあたって一番基礎となったもの
・「演習ノート 経済法」土田和博、岡田外司博(編集) 法学書院

 この本は、自分にとってはかなり役に立ちました。みなさんにもおすすめですが、改正前の条文なのでお気をつけ下さい。

【読書日記】買った本・家にあった本
法律以外の本を読むことが、トイレ以外でも解禁になりました!!
その「禁」は、ここ8カ月ほどの間、勝手に課した自主ルールでした。

ってことで、家にあった本で興味があった本を昨夜から読み始めました。
また、勢い勇んで新しい本も本日購入。

並行して読むか、どっちから先読むかは不明。

家にあって、読もうとしているのは、

「決定版 国民の歴史〈上下〉」西尾幹二(文春文庫)


上巻はしがきの特に赤字を読んだ時に、すぐに読むことを決定しました!
「歴史とは何か、・・・客観的な動かない過去の事実と言う者が存在し、それを論証するというのが歴史家の仕事(というの)はあり得ない話である。歴史家は(過去の事実)の中の・・・一つを選んでいる。選択は評価である。」

*追記
 友人からの指摘によると、このはしがきの言葉は、EHカーという著名な歴史家が既に述べていたことだそうです。


かつて話題になったこの本。ずっと読もう読もうと思いつつ、読む機会を失してきました。やっと読むことができます。


そして、今日買ったのは、

「中世の非人と遊女」網野善彦(講談社学術文庫)


他に読みたい本がなくて、しかも面白そう。面白そうというか色々勉強できそう。どんな内容か楽しみです。


どっちから先読もうかな~。
西尾幹二のを先に読んで、歴史書の読み方が少しで分かってからの方が良いかな~(それが分かるようになるか分かりませんが)
ま、その日に読みたい本を読むことにしよう。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

択一試験の結果(仮)
試験後2つ目の記事です。

新司法試験の内容に踏み込みます。

択一試験について。

*ちなみに司法試験に関係ない方も見て頂いているんで、ちょっと「択一」についての説明。
新司法試験は5日間のうち中日(なかび)1日を除いた4日間で行われます。
その1日目が択一試験。これの足切りラインと言われる恐ろしいラインを超えなくては、残り3日の合計17時間で書いた論文試験について採点されません。
ちなみに過去の合計点の足切りラインは、
平成18年 210点
平成19年 210点
平成20年 230点
平成21年 215点
です。

自分、民事系については、商法手形小切手→民訴→会社→民法って順番で解きました。
商法手コギ、民訴の冒頭(書記官が何ができるか?(問57)なんて知らん!)がサッパリ手応えがなくてめちゃくちゃ不安になりました。
会社法をその後に解いてもっと不安になりました。しかも、最後の最後(終了5秒前くらい)に「解散は特別決議ではない!」って思って変えた肢は、完全に間違えました(問42)。
俗に言われる「択一は最初に選んだ肢が正しい(ことが多い)」ってのは結構正しいんだな~と、昼にめっちゃ後悔。
試験中は、「次だけを見る!!」って決めてたんですが、そこだけ確認し、しかも間違いでヘコみ。

一方、公法と刑事は結構手応えがありました!
「こりゃ満点だな!」と。もちろん、そんなことはある訳はありませんが、そういう手応えなら70点は行くだろうと。

して、先程、早稲田セミナー(Wセミナー・TAC)が解答速報を公開しました。
サイトはコチラ(新司法試験 短答式試験 解答速報(平成22年度、2010年度)

採点してみた結果
(部分点なし~希望的観測の部分点あり)
*追記:希望的観測過ぎて計算間違いなどしていた模様(笑)

民事 98~107

公法 65~73(「?」は×にしました。赤いくじらさんに合わせると6点~4点上がるかも)

刑事 79~87

合計 242~267(350点満点)

そこそこ良い感じです。
自分、去年までも択一の点数良くなかったんで。
辰巳の全国模試でも刑訴と会社商法は平均以下だったし。

しかも、Wセミ速報の解答で疑問なところが合ってるとするともうちょい点数上がるし。(逆の間違いがあって下がる可能性はムシ!)
刑事系の問5(No13)は「2」ではなく「1」の気がする。
公法系の問25(No51)は「3」ではなく「4」の気がする。
赤いくじらさん(後述)もそう書いてる。


さて、昨日飲んだ友人が、「どこかの天才受験生が択一の答えをブログに挙げているよ~」と教えてくれました。

ほんとはしばらく採点する気がなかったのですが、ちょっと書いたように民事に不安がかなりありましたので、夜中の2時頃ネットにつなぎ探してみました。

最初全然見つからなかったのですが、やっと発見!!

「純粋未修からの新司法試験あれこれ」">「純粋未修からの新司法試験あれこれ」by赤いくじらさん
(クリックすると「たんとうの答えらしきもの最新版あれこれ(閲覧注意)」という素晴らしい記事が新しいウィンドウで開きます。)

早速採点してみました。
フワッと採点したところ、

民事 91~103

公法 69~75

刑事 82~89

合計 242~267(350点満点)

こちらは部分点とか「?」とされている部分とかをどうしたか、いまいち覚えてません。フワっとした採点です。

ん~。なぜ、そこそこ点数が良いんだろう。。。(もちろん他人と比べてではなく自分基準)
過去に受けた時も、解いたことあるはずの過去問を解き直しても、全国模試の択一でも260点を超えたことないのに。しかも、250点越えたのも、1度解いたことある過去問の解き直しの時だけ。

来年試験受けれれば、最終合格もあるんじゃないだろーか(笑)

とりあえず、一安心だけはできそうです。

受験生活終了!!
昨日までの5日間(中1日休み)、新司法試験を受けてきました!

自分は3回目の受験なんで、これで受験生活終了です。

この5日間は、精神的にけっこーキツかったです。
自分は、フツーの人(基準はあいまいですが)よりも緊張しない方だと思うんですが、それでもね。

試験当日は、朝7時15分くらいに家を出て、自転車で会場まで向かって、
会場の中にある喫茶店で着席時間ギリギリまで1時間~1時間半くらい最後の勉強してって感じでした。

最終日だけは試験開始が午後1時半からだったんで、午前中は家で勉強してました。

どの試験も同じかもしれませんが、試験っていうものは心臓に悪い気がする(汗)

試験が翌日に控えた日の夜は、緊張感でちゃんと眠れず、やっと寝たとしてもめっちゃ早く起きた日も。
たしか試験2日目は、4時間睡眠だった気が。
いつもは8時間くらい寝るのに(寝すぎ??)

試験の中身はさておき、(明日くらいに書くかも)←(追記)っと思ってたけど、勢い余って続けて択一については書いてしまった(笑)
とにかく充実感でいっぱいです!!

試験前・中には、お世話になった先輩弁護士・修習生や、法科大学院の同級生でいち早く弁護士・検察官・修習生になった友人から、励ましのメールをもらい、本当に勇気づけられました。
2日目の試験終了後には、今年受験を見送った大の仲良しと電話で話し、緊張感を和らげさせてもらいました。
試験前には、お守りをもらいました。
家族には、試験中は特に気を使ってもらいました。


彼らに感謝しつつ、
「いろどりの囁き」というブログのブログ主の彩さんが書いておられた
「自分自身が諦めたら どんなに状況が良くても 周りが応援していても 終わりなんだって。」(byこの記事
を思い出しました。

応援してくれた人に恥じないように、自分が持てる力は全てだそうと。


そうはいっても、本番&最後の試験ということの緊張感。
上にも書いたけど、なかなかのもんでした。
そんな時は、
受験の成功者(高校受験)で
「レオパと一緒にぐーたら生活」というブログのブログ主のGEKKOくんから頂いたコメントにあった、
「あと、へそのすぐ下のつぼを息を吐きながら押すといいらしいです。」
ってのを思い出しました。

何回押したか分かりません(笑)


そんなこんなで、私の受験生活は終了しました。
皆に感謝です。

昨日はひっさびさに友人とお酒を飲みました!そんなに酒好きではないんですが、それでもかなり楽しかったです!

一回帰宅してから飲み屋に行ったのですが、
いつも背負っていた、勉強道具などで合計7・8キロあるリュックを家にほっぽり投げ(試験中は軽めでしたが)、
勉強関係の音声が入っていたMP3プレイヤーの中身をフツーの音楽に変え、
ラク~な感じで歩いてるだけで、とても楽しい気分でした♪


これから合格発表までの4カ月は、
裁判所事務官ってのの試験とか(もう試験ヤダ)、お誘いして頂いたアルバイトとか、フツーの本読んだりとかして過ごすそうかと思っています。
NGO関係で2年前くらいに書いた「インドネシア憲法」の2部構成の後半部分を完成させることもしよう(汗)
あと知らない誰かのために、試験の中日に完成させた経済法(独占禁止法)のまとめも公開するようにしよう。

とにかく来年また新司法試験を受けなくてイイ(受けたい場合も受けれませんがw)っていうことだけで、気が楽です。
「落ちてるだろうから勉強もしなきゃな~」とか思いながら遊んでも、なんかイヤ~な気持ちがするもんで。
そんな気持ちになることは、もうナイんでそれが嬉しい☆

とにかく受験生活終了!!

【読書日記】何度読んでも良いものはイイ!!「中国古典の言行録」
今日はひっさびさの快挙!!

勉強中に寝ませんでした(笑)

試験5日前になってやっとエンジンがかかって来たか?!


ちょっとイイ気分で家に帰ってきて、トイレに入ってハッピータイム!

ここ半年以上は、普通の本はトイレの中でしか読んでません。

今、読んでる本は、これ↓



中国古典の言行録 (文春文庫) 宮城谷 昌光

☆10
 座右の書です。

多分、何度か紹介したことが。
プロフィールのとこにある座右の銘『忍激の二字は、これ禍福の関なり』もこの本読んで、出会ったもの。
もう5回目です。
一つの本をここまで繰り返すのは初めてですね~。

読むたびに新しい発見がいっぱい!(自分の記憶のなさを呪います。。。)



この本にふと眼を落してみると、

P29「学びて時にこれを習う また説(よろこ)ばしからずや」(論語)by孔子

のところに、

『記憶する必要が生じた場合、少々横着のようだが、おぼえたら眠るのが良い』P31

とのこと。

明日からは勉強中に寝ることにします(笑)



ちなみに、

「学びて時にこれを習う また説ばしからずや」とは

『詩や礼楽(れいがく。意味は礼節と音楽、文化)などを学んで、しかるべき時に、学んだことを体得する。それこそ、人生のよろこびではないか』

という意味だそうです☆


8か月ぶりの読書日記の記事。
しかもちょっと変わった本紹介となってしまいました。
が、この本は万人におすすめです!
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌

先週の勉強記録
先週の勉強記録は、

55時間以上

といいましても、今週も正確な時間が分からず。

なんだかんだで、試験まであと1週間。ってか1週間後の今日は1日目が終了している。。。

あ~おそろしい。

やればやるほど、やるべきことが。。。

ま、優先順位を付けて、それをできるとこまでって方針で☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。