スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特別版】役に立つ(かな?)法律ネタ④の2 強盗罪の重さ
12月8日の記事について、熱心な読者から(笑)質問が寄せられたので、ちょいと答えてみます。

>ちなみに1つ気になるのですが未成年が強盗をして捕まった場合も刑は5年以上なんですか?
byGEKKOくん

早速質問への回答を。


 私は少年法には詳しくないんで、今日の勉強の休憩時間にちょいと本を読んでみました。
 大筋で間違ってはいないと思いますが、少年法はややこしいんで、正確なものについては各自でネットや本を参照すること!(逃げ(汗))


 結論を軽く言いますと、未成年が強盗をして捕まった場合、刑は5年以上になることもあればならないことも


以下、少年法による手続の流れを。
ちなみに少年法は20歳未満(つまり19歳以下)の人について適用されます。

①犯罪を行ったとき14歳以上20歳未満の人の者による事件は家庭裁判所に送致され、審判を受けることに(②へ)。
 →強盗を犯した14歳以上の少年は家庭裁判所の判断を受ける(②へ)

②ほんで、家庭裁判所が刑事処罰が相当と判断すると、検察官により成人と同じ刑事裁判で審理されます(③へ)。
 刑事処罰が不相当とされると(④へ)
 →強盗を犯した少年について、刑事処罰が相当とされると③へ
  強盗を犯した少年について、刑事処罰が不相当とされると④へ

・16歳以上の少年が故意の犯罪行為により被害者を死亡させたときは必ず検察官により成人と同じ刑事裁判へ
 →強盗致死罪を犯すと必ず検察官により刑事裁判へ(③へ)

③刑事裁判で審理されると、特別な規定はあるものの、基本的には成人と同じ処理をされます(特別な規定により死刑がなかったり、不定期刑という量刑の下され方があったりします)。
 →この場合、強盗罪を犯した少年については懲役5年以上に処されます

④家庭裁判所が少年法による保護処分について審理します。
 →たとえば、保護観察所の保護観察に付したり、児童自立支援施設に送ったり、少年院に送ったり。

・ちなみに、犯行時に14歳未満だと刑事裁判で審理されることはないが、児童相談所へ送られます。


こんな感じです。
分かりにくいが、勘弁しておくれ。
またの機会にもっと勉強します。。。


【参照】
少年法の条文
井田良「基礎から学ぶ刑事法」(有斐閣アルマ)
スポンサーサイト

役に立つ(かな?)法律ネタ④ 強盗罪の重さ
今から1年以上前に「法律ネタ(法律リテラシー)」というスレッドテーマを作り、バシバシこのテーマの記事を書こう書こうと思いつつ、なかなか書けてなかったんで久々に。
(ネタとしては電子手形やネットでの名誉棄損などを書こうと思って資料を集めてたんだけど、ちょいと重いのでなかなか書けず。これらもいつになるかわかりませんが書くつもりではいます。。。)


ってことで今回のテーマは、
強盗罪の罪は重い!!
ということ。

このテーマで書こうと思ったのは、報道ステーションでコンビニ強盗が増えたと言ってたから。
お金がなくて、腹が減って、困窮したとしても、強盗するのは止めた方がいい!
刑罰はめちゃくちゃ重いです!!
もちろん、こんな理由で犯罪を止めるってのは、ちょっとヘンな気もしますが、それでも誰かが犯罪者にならないなら、誰かが被害者にならないなら、良いと思います。


強盗罪関係の刑罰
 強盗   →5年以上の懲役
 強盗致傷 →6年以上の懲役または無期懲役
 強盗致死 →死刑または無期懲役

コンビニ行って、バイトの店員を包丁で脅して、金は奪えなかったけど、レジの前にあったガムを奪ったとしても、レッキとした強盗です!

防犯カメラなどから、警察につかまってしまい、裁判にかけられたら、少なくとも5年以上の懲役!
もし、バイトの店員に刃先があたってケガでもさせたら、6年以上の懲役!
もし、バイトの店員が亡くなってしまってしまったら、無期懲役か死刑!

ガム1個の代償としては重すぎませんか?
もしお金が奪えたとしても昨今のコンビニはレジにお金があまり入ってません。私がカレコレ10年近く前にコンビニでバイトしてた時ですら3万円ほど。今は2万円そこそこらしいです。
タクシーも同様です。

強盗が未遂に終わっても(結局ガムすらも奪えずに店を出たとか)、刑罰が減軽されないこともあります。

ちなみに強盗罪には、事後強盗という強盗罪もありまして、
「コンビニで万引きし、逃げようと思ったら店員や周囲の客に追っかけられ、振り向きざまにブン殴って逃走した」
という場合にも強盗罪となります。
ひったくりをした時に被害者にケガをさせても、この事後強盗ということで強盗罪になりえます。

ということで、
強盗を犯すのは絶対やめましょう!!
周りでそんなことを考えてる人がいたら止めましょう!!


リスクが大きすぎるうえに、リターンは限りなく小さいです。

もし、あなたやその周囲の人が強盗罪を犯してしまったら、被害者やその周囲の人、加害者の周囲の人だけでなく、私も悲しみます。
どんなに行きずまっても、必ず法を犯さずに状況を打破できる他の方法があるはずです!

cf)法律的な細かい話は色々ありますが、少しでも分かりやすくなるようにと思って、法律用語を使うことなどは避けてみました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。